『ロンハー』フジモンが“共演NG”告白で驚愕「まだ引きずってるのか…」

藤本敏史 

(C)まいじつ 

8月4日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、『FUJIWARA』藤本敏史の〝共演NG〟が明らかになった。

この日の企画は、「アイツこの仕事NGだってよ!!」と題して、『オアシズ』大久保佳代子や『とろサーモン』久保田かずのぶらがNGを告白。ほぼドッキリの形で吐き出させられたが故、最初は反発する声が上がったものの、番組は無慈悲にも進行していった。

担当マネジャーから「あらためてNG事項を確認したい」と話を持ち掛けられた藤本は、〝橋から飛び降りるバンジージャンプ〟や『富士急ハイランド』のお化け屋敷『戦慄迷宮』をNGロケとして列挙。しかし、いずれも「(放送時間帯が)ゴールデンなら、それか『嵐』の番組なら出るかも」と生々しいラインを提示する。

そして、〝共演NG〟を尋ねられると、「言うたら、木村くらいかなぁ もう10年くらい会ってない」と、同期芸人『バッファロー吾郎』のバッファロー吾郎Aの本名を口に。「1回、『ざっくりハイタッチ』で仲直り企画案が挙がったとき、やんわり断られた」とし、「そもそもNGになった理由もよく分かってない」とした。

2人の仲を引き裂いた“ポカホンタス事件”

「芸人たちの間では、〝ポカホンタス事件〟が2人の仲を絶ったという説が定着しています。同件は、バッファロー吾郎Aが頭をたたかれたときに『おぉ、ポカホンタス!』と叫ぶギャグを巡って起きたトラブル。藤本はこれを言わせるために本番中にAの頭をたたいたのですが、Aは『お前、タイミングがおかしいねん!』と藤本の間合いが気にいらず激怒。もともと藤本のことが気に入らなかったのか、それ以来、藤本のことを徹底的に無視するようになったとか。2015年の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、吉本天然素材のメンバーが再集合したにもかかわらず、Aは藤本の存在を理由に出演を拒否したともいわれています」(芸能記者)

2人の間の深い確執に対し、視聴者からは、

《フジモンのNG本当だったんだ… ということは天素の再集合はもう見られないのね… と思ったけど、宮迫さん出せない時点でもう無理だね》
《ちょっとww ポカホンタスまだ引きずってんの》
《Aさんとフジモンまだ仲直りしてなかったのか お~ポカホンタス事件未解決か…》

などと、ショックを受ける声が相次いでいる。

同期芸人にもかかわらず、連絡を取り合わなくなってから10年以上とは、何とも悲しいこと。いつの日かA本人の口から真実が語られる日は来るのだろうか。

【あわせて読みたい】