『ハケンの品格』最終回“全部放り投げ”アゼン…「ある意味伝説だ!」

ハケンの品格 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月5日、篠原涼子主演ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の第8話・最終回が放送された。この回の世帯平均視聴率は12.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、全話通して二桁以上という好記録を残したのだが、あまりの衝撃的な展開に対し「何だコレは…」「ヒド過ぎる」など、多くの呆れ声が投げつけられてしまったようだ。

13年ぶりに復活した『ハケンの品格』の続編。一匹狼の最強ハケン社員・大前春子(篠原)が、食品商社『S&F』で営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)から13年ぶりに呼び戻され、再び同社で働くストーリー。

最終回では、里中が人生を懸けたコンビニプロジェクトが、パイロット店舗での内覧会で評判が悪く暗雲が立ち込める。そして、春子が人生初の〝派遣切り〟を受け、ショックからか姿を消してしまった。

クライマックスでは、物語は1年後に。里中は会社を辞め、働いていたハケン社員たちとお惣菜の会社『Aji』を立ち上げていた。このオープンの日に、何と春子が登場。しかも、新人演歌歌手〝龍前寺アキ子〟と名前まで変えている。実は春子の夢は、演歌歌手になることだったらしい。周りから総ツッコミを受けながらも、春子はアジフライの歌を熱唱。来店した客から大きな拍手を浴びるのだった。

「ラストでアゼンとしたの初めてですわ…」

あまりに衝撃的な展開で幕を閉じた同ドラマに、ネット上では、

《これはどう受け止めたら…》
《無理やり終わらせた感が強いなぁ~》
《え???これで終わり!!!ウソでしょ!?》
《最終回の終わり方がもうムリ過ぎるwwww何これwwww》
《これは。。。。。ひどい終わり方》
《伝説の最終回じゃんwww》
《ラストでアゼンとしたの初めてですわ…》

など、大困惑の声が広がっている。

新型コロナウイルスの影響で、おそらく大幅に脚本が変わっただろう同作。ぜひともリベンジの〝続々編〟を期待したいものだ。

【あわせて読みたい】