『バイきんぐ』小峠の“共演NG芸人”に驚愕「納得した」「寂しい…」

小峠英二 

(C)まいじつ 

8月4日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、『バイきんぐ』の小峠英二が出演。NG芸能人を明かしたところ、ネット上では「意外過ぎる!」と驚きの声が上がっている。

この日は、「アイツ、この仕事NGだってよ!!」という企画が行われ、芸人のマネジャーなどが担当芸人にNG項目を聞いていくことに。すると、小峠は「ヘビにかまれるのはNG」と告白。割と身体を張るタイプの芸人だが、これだけはどうしても無理で、番組に迷惑を掛けてしまうからNGとしているようだ。

そして禁断の〝共演NG芸能人〟については、何と相方の西村瑞樹の名を挙げる。もちろん全くの共演NGではなく、「もう1人いればいいけど、2人きりでロケをするのが厳しい」と、街ブラ系のロケに関しては西村と2人きりがNGだという。その理由は、ボケ役である西村が何もボケず、ツッコミの小峠が何もできないから。かといって小峠がボケても西村はスルーしてしまうため、ロケが成り立たなくなるそうだ。

『バイきんぐ』のコンビ愛はゼロ!?

小峠は「嫌いなわけじゃない」とフォローし、あくまで〝相性が悪い〟と強調する。これに、話を聞いていた『ロンドンブーツ1号2号』田村淳は「すごく共感してる。亮さん大好きなんだけどツッコんでくれない。かといってボケてくれない」とうなずいていた。

まさかの相方NGという答えに、ネット上では、

《すごく納得した》
《淳が共感してるのが笑うわw》
《もう解散しろよw》
《そういえばバイきんぐの西村と小峠が2人でテレビに出てるの見たことないなぁ》
《彼らの単独を見るたびに「こういうのテレビでできればいいのに」と思っていた身としては、ちょいと寂しい》

など、驚きや納得の声が上がっている。

「今年4月に放送されたラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)では、コンビ間のことを聞かれた小峠が『今日解散しろって言われてもできます。今、解散の電話しろって言われてもできますよ。何の情もないですよ、すぐできます』と、きっぱり宣言しています。西村とは高校3年のときに免許の合宿で出会い、その後、大阪NSCの面接で再会した縁でコンビを結成しただけで、もっと良い相方がいるのではと思ったこともあるようです」(芸能記者)

情もなく、ビジネスパートナーとしてもうまくいっていない『バイきんぐ』。なかなか異例なコンビといえるだろう。

【あわせて読みたい】