矢口真里と遠野なぎこが絶縁中! その“理由”に納得「そうだよね」

矢口真里 

(C)まいじつ 

いくらドッキリといえど、ネタバラシした後にすべてが修復するものではない。ドッキリをきっかけに、遠野なぎこは友人だった矢口真里と絶縁状態になってしまったようだ。

7月29日放送の情報番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)へリモートで出演した遠野は、「矢口真里ちゃんをダマす企画で、説教して泣かせて、それからお互い傷ついちゃって一切、もう何年も会ってない」と告白。そのときまでは飲み仲間だったのだが、ドッキリ企画をきっかけに絶縁状態になってしまったようだ。

続けて、「ドッキリなんですけど、本気で私も熱が入っちゃって芝居しちゃって、あっちも本当に傷ついて『もう遠野さんと縁切る!』って言われて、私も『上等だよ』ってスゴいことになっちゃって…」と、そのときの様子を説明していた。

身近な人を失うことに定評のある矢口真里…

「遠野が話しているのは、2017年5月に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画〝説教くらった後にカラオケで『恋のダンスサイト』を歌われても、さすがに『セクシービーム』入れづらい説〟のことでしょう。仕掛け人の遠野は、手はず通り矢口に説教を始めたのですが、後輩の矢口がキレ気味に反論してきて収拾がつかない展開に。しまいには両名とも泣き出してしまい、ネタバラシ後には、お互い号泣しながら謝って抱き合うという展開になったのですが…」(芸能記者)

この放送は当時も賛否両輪で物議を醸していたが、事実、友人の仲を切り裂くトンデモない出来事に発展していたようだ。今回の遠野の告白に、ネット上では、

《矢口がめっちゃ感じ悪かったの覚えてる》
《矢口は腹黒い世渡り上手だから遠野なぎこにはメリット感じず切ったんだろうね》
《なぎこさんは仕事でやっただけなのに、それを理解できない矢口に問題があると思う》
《矢口が言い返し過ぎてて引いた記憶がある。騒動後に疎遠になった友達もきっと多い中で、仲良くしてくれた人と縁切りできるのってすごいよね》
《あのドッキリ見てたけど、矢口の気の強さにドン引いた。あの後、何事もなく仲良しでいられるわけはないよね》

など、矢口を責める声が多く上がっている。

矢口は大切な人を失うことを怖がらない〝鉄のメンタル〟を持っているのだろうか。

【あわせて読みたい】