自称“猫好き“芸能人に批判!『今くら』猫特集に「しょーもない奴ばっか!」

猫

(C)まいじつ

8月5日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、「猫を溺愛する女」が続々と登場。視聴者からは、猫を〝アクセサリー〟のように扱う彼女たちに、苦言を呈する声が多く上がっている。

今回、スタジオに出演した猫好き女子は、有名ホテル『ザ・ペニンシュラ』グループの役員を務める父親を持つタレント・コルファージュリア、歌手・岡本真夜、元『SDN48』津田麻莉奈の3名。レギュラーである指原莉乃も加わり、猫にまつわる悩みや溺愛生活ぶり、全国の猫によるかわいらしい動画など、まさに猫ずくめの1時間となった。

番組では、コルファージュリアの父が、娘と3匹の猫のために建てたという都内の豪邸に潜入。「3LDKSS」という「3LDK」に書斎と談話室を設けた造りで、虎の毛皮が敷かれた玄関は何と10畳という広さ。また、『セルカークレックス』『ラグドール』『メインクーン』というブランド猫たちそれぞれの〝食の好み〟に合わせ、一流料亭の鰹節や大トロを食べさせてあげるなど、その豪華な暮らしぶりが放送された。

『今夜くらべてみました』炎上狙いの猫特集だった!?

すると、視聴者からは、

《大トロなんて油多過ぎでネコの身体に悪過ぎ》
《これ猫飼いとしては失格だよ》
《猫好きというより、金持ちが猫飼ってるだけやんけ》
《こういう猫飼いは二度と出さないでくれ 不快だわ》
《もっと猫の話しろよ 猫にかこつけた自慢話じゃねーか》
《ブランドネコにはしる奴ってしょーもない奴ばっか》
《虎の毛皮がある猫愛好家の家ってなんやねん》

などと批判の声が続出。さらに、岡本はブリーダーから、指原は番組のロケで訪れたペットショップから『マンチカン』を購入したことが明らかになると、苦言を呈する声が相次ぐ事態に。

「スタッフの問題意識が低いのか、はたまた美麗なブランド猫の方が視聴率を取れるからなのか、社会問題化している生体販売、要するにペットショップやブリーダーの存在を悪びれもなく放送する姿勢に対して疑問を感じる人が多くいます。そういえば、昨年10月放送回でも同様に猫特集をしており、ゲスト出演した社会学者・古市憲寿氏がペットショップで指原と同じ『マンチカン』を購入。その際も批判の声が殺到していたのですが…」(テレビ雑誌ライター)

次に同様の企画をする際には、中川翔子やサンシャイン池崎など、元保護猫たちと暮らす〝本当に猫が好きな人〟をキャスティングした方がいいかもしれない。

【あわせて読みたい】