『イッテQ』“熱々あんかけ”企画が再び炎上!「センス悪いしクドい」

チョコレートプラネット

(C)まいじつ

8月9日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、〝熱々あんかけ〟を使ったゲームに視聴者から批判の声が。今までに同番組がしてきた〝危険なチャレンジ〟や〝過激な仕打ち〟も相まって、ネット上で大炎上している。

同日の番組では、お笑いコンビ『ロッチ』の中岡創一による人気企画「Q Tube」を放送。ゲストに、初登場となる『チョコレートプラネット』の2人が参戦し、世界中で流行っているオモシロ動画に挑戦していった。

最初に挑むのは、水の入ったバケツを3人が足で持ち上げ、落とさないように〝靴〟を脱ぐというチャレンジ。しかし本来は水で行うところをわざわざ〝熱々あんかけ〟に変え、より過酷なチャレンジ内容に。残念ながら3人は失敗してしまい、あんかけは運悪く『チョコプラ』松尾駿の顔面を直撃する。あまりの熱さに「あっつー!」と叫びながら、松尾は水を求めて駆けずり回るのだった。

『イッテQ』はもはやイジメの領域…?

またコーナーの中盤には、ラップでぐるぐる巻きにされた箱を開けて、中に入っているラップで〝熱々あんかけ〟の砲撃を防ぐチャレンジも登場。このチャレンジでは松尾が1回、相方の長田庄平は2回も餌食になっていた。

危険性を伴うにも関わらず、〝熱々あんかけ〟を使う同番組に視聴者は嫌悪感を覚えたよう。ネット上には、

《イッテQ  またあんかけ。そういうのもう要らないよ》
《スタッフが気に入ったのか知らないがセンス悪過ぎるし、何度も使いまくってクドい》
《熱がってるのを面白がれと? 一歩間違えば火傷だよね》
《熱いあんかけかけてゲラゲラ笑ってるやつは本当に意味がわからない》
《アツアツ餡かけで芝生ダメにならないの? 汚しまくりじゃん…》
《水なら笑えるけど、熱々あんかけは、ちょっと笑えん》
《熱々あんかけは止めた方がいいと思う。ガチで火傷するぞ》

などの厳しい指摘が続出している。

「今回の番組で行われた〝熱々あんかけ砲〟は、5月10日放送回で中岡がチャレンジして《かわいそう》などの声が上がり炎上したばかりです。また中岡は5月31日の番組であんかけの入った風船をナイフで割るチャレンジを行い、6月28日の回では〝スイカをお腹に投げられる〟という危険な挑戦も。どれも放送後にネット上で危険を促す声が上がっていますが、番組側は止める気が全くなさそうですね」(芸能ライター)

運よく何事もないから笑っていられるものの、何かが起こってからでは手遅れ。芸能人にケガをさせる前に、早めに〝熱々あんかけ〟を封印した方がいいだろう。

【あわせて読みたい】