平手友梨奈と長濱ねる“新生『欅坂46』”でついについに合体か!?

平手友梨奈  長濱ねる 

(C)まいじつ 

来る10月をもって活動を終了する『欅坂46』の〝それから〟について、とある仰天情報が囁かれている。同グループは新たなグループ名に改名し、再スタートする予定だが…。

「わざわざグループ名を変えて新生スタートするわけですから、当然、メンバーの入れ替えもあるのでしょう。そうでなければ、名前だけ変えても意味はないですからね」(芸能ライター)

世間一般から見れば、欅坂の方向性は特に分かりづらいのかもしれない。2015年に結成し、第1期生に平手友梨奈、渡邉理佐、特例枠で長濱ねるがいた。その後、長濱をメインにした派生グループ『けやき坂46』(現『日向坂46』)が誕生。しかし、長濱自身も昨年7月で脱退。活動停止となった。

「平手と長濱の仲が悪く、長濱のために『けやき坂』を作ったとウワサされました。でも、その長濱が離脱。平手も欅坂を今年1月に卒業。『けやき坂』は既になく『欅坂』もなくなる。複雑なグループ関係です」(同・ライター)

平手と長濱が時を同じくして…

欅坂は平手が圧倒的な看板だった。平手が抜けた後、前出の渡邉の他、菅井友香、小林由依、森田ひかるなどが残っているが…。

「コロナ禍もありますけれど、平手が抜けた欅坂は、やはり盛り上がらない。そもそも、平手と長濱のために欅坂とけやき坂に分けたのですから、それもしょうがないのかもしれません」(同)

しかし、活動休止していた長濱が先ごろ、突然の活動再開。バラエティー番組『セブンルール』(フジテレビ系)のMCとして復帰した。

一方、平手も7月31日、写真家のインスタグラムに登場。2人が時を同じくして〝活動の兆し〟を見せた。

「長濱と平手の2人は、グループの運営会社A社にソロとして所属したままです。不仲といわれた2人は、水面下では至って平穏ともっぱら。実は〝新生・欅坂〟に関し、2人とも関わりを持つようなのです。ゲストとしての参加になるのかもしれませんが、そのためにA社にとどまったとか」(芸能プロ関係者)

もし平手と長濱が〝同じグループ〟で見られるのだとしたら、まさに〝新生〟の名にふさわしいと言えるが…。

【あわせて読みたい】