『ジャパネットたかた』で大放送事故! 差し替え映像に「笑うしかない」

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock 

8月10日午後、一部地域のフジテレビ系列局で謎の放送事故が発生した。

問題の場面が訪れたのは14時50分ごろ。この日、同局系午後のワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』は22の系列局地域で49分までの放送となり、50分から『ジャパネットたかた 生放送テレビショッピング』を放送していた。

しかし、「グッディ!」から「ジャパネットたかた」に切り替わると、画面は同社ロゴのままフリーズ。音声には何やらスタッフが打ち合わせしているような声が乗り、明らかな〝放送事故〟が発生してしまう。

また商品紹介の画像がコマ送りのように流れていくなど、その後も事故は収まる気配を見せないまま。すると、事態の収拾を図るためか、画面は岐阜県長良川で行われている伝統漁・鵜飼いの映像にいきなり切り替わるのだった。

「しばらくお待ち下さい」状態に…

画面上部には「予定を変更してお送りしています」とのテロップが表示され、放送はもはやカオス状態。しかししばらくすると、鵜飼いで繋いでいる間に復旧作業をしていたのか、放送は高圧洗浄機の紹介へと切り替わった。

ネット上には驚きの反応が上がっていたが、ところによっては感想が見られない地域も。どうやら、東海テレビの放送地域でのみ起きたようだが、

《ジャパネット放送事故か? グッディ!終わりから画面が変なんやけど。ずっと画面が固まってる》
《グッディが14:50までで、ジャパネットに切り替わる予定が放送事故かと思われる。ザワザワ打ち合わせしてる声のみで画面が動かなくなって、急に鵜飼いの映像が流れ出した》
《グッディがジャパネットにジャックされてる。。。》
《グッディがミスったの?笑 ジャパネットがミスったの?笑》
《グッディがジャパネットにジャックされ地元の鵜飼に変わり、ジャパネットが始まるwww》
《ジャパネット放送事故からの鵜飼は笑うしかない》
《変な時間がずーっと表示されて ジャパネットの画面に切り替わったらケルヒャーまで表示されてwww》

など、目撃者からは驚きの声が相次いだ。担当者は始末書モノだったに違いない。

【画像】

ShotPrime Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】