『ボンビーガール』上京ガールが恐怖! 内見した物件に…「鳥肌立ったわ」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

8月11日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、物件を内覧した女性が見たくないモノを見て思わず後ずさりする一幕があり、視聴者の間で話題となっている。

人気企画〝上京ガール〟で、女性は横浜近辺でバス・トイレ別、家賃4.5万円程度の物件を希望。相鉄線・上星川駅近くの物件は家賃5.2万円とやや希望よりは高いものの、クリーニングを施したようでピカピカ。女性はキッチンや洗浄機能付きのトイレを見て「全然十分!」「トイレ、めっちゃ広いですね!」と歓喜していた。

物件に大きなクモ!番組は「いいクモ」とテロップ

さらに喜々としながら「お部屋が広いのが一番いいですね」と7.5畳の居間に足を踏み入れたが、入ってすぐ左の壁を見ると、驚いた様子を見せながら後ずさり。「めっちゃでっかいクモおる!」と口にした。VTRを見ていた劇団ひとりらも「これは大きい!」などと驚いた。しかし番組はここで「ゴキブリなどを食べるいいクモ」とテロップを入れ、クモの存在をフォローしている。

その後、クモを取り除いたのか、女性は気を取り直し「広いのいいなー、本当に」とつぶやくなど好印象を抱いた様子。ただ、この物件は駅から90段以上階段を上らなければ行き着かない立地。結局、この物件を諦めた。

スタジオではクモをめぐって議論がかわされた。森泉は「クモはいた方がいい」と他の虫を食べてくれるメリットがあると強調、「たまに出てきて『ハロー』って(声をかける)」と冗談を放った。ただ、視聴者は突然映ったクモに驚いたようだ。

《クモ映すなや 鳥肌立ったわ》
《クリーニングしたあとの部屋にクモでるのはあかんでしょw》
《あのデカさはちょっと怖いけどクモさんは住んでてもらっていい派》
《益虫とは言えあんなデカイ蜘蛛と同棲できないな…》
《あれはダメだ(笑)小さい蜘蛛ならいいが足長いやつやん》

女性が物件を諦めた理由に、クモの存在も入っているかもしれない。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】