平子理沙とセレブ母の2ショットにツッコミ「50歳近いのにママ呼びとは…」

平子理沙 

(C)まいじつ 

モデルの平子理沙が8月10日、自身のインスタグラムを更新。母親との2ショットを公開した。

平子は《日本も毎日暑そうですね~こちらも40°を超えたりする日もありますが、湿度がなくドライなので、日差しは強いですがあまり辛くないです》と、滞在中のアメリカ・ロサンゼルスから近況を報告。また《コロナ対策の日々ですが、おかげさまで、ママも毎日元気にしていま~す いつも、皆さまからのメッセージからパワーをもらって頑張るぞー!!と言っております》とつづり、母親との2ショットをアップした。

この1枚にフォロワーからは

《理沙ちゃん、ママお元気そうで良かったです。コロナ気をつけてくださいね》
《お母さん色白で若々しいですね。さすが美人親子です!》
《2人ともお若いなぁ。お母様ファンキーですね》
《2人ともカッコイイし綺麗。こんな歳の取り方したい》

などといった声が寄せられている。

自由に生きる49歳・平子理沙にやっかみの声…

「平子は過去にバラエティ番組で、ロサンゼルスにある実家の豪邸を公開しています。庭にはプールもあり、高級リゾートホテルのようでしたね。平子の父親はアパレル会社の重役で、今回インスタグラムに登場した母親は、日本にネイルアートを広めた第1人者の平子禧代子さんです。平子一家は母親の成功をきっかけにアメリカへ移住し、平子はかなりセレブな家庭環境で育ちました。平子が元夫の俳優・吉田栄作と知り合ったのも、吉田が芸能活動を一時休止して渡米しているときでした。平子のあまりのセレブぶりに、吉田は〝平子のヒモ〟と言われている時期もありましたよ」(芸能記者)

平子がかなりのセレブなのは、ファンの間では有名。しかし、今さら80歳の母親との2ショットを披露したことについては、辛辣な意見も散見される。

《世間では8050問題で多様な支援が求められているのに、セレブは違うな。別になにしろとはいわないけど、謙虚になれとは思う》
《私のファンキーなセレブ母を見て!って感じかな。平子理沙は本当に痛々しくて見てられない》
《子どもを作るとボディラインが崩れるからって吉田に子作りを拒否したらしいからね。一生、自慢ばかりするつもりだろうw》
《なんだかなー。50歳近いのにこの髪、母親をママと呼ぶのは構わないが、公の場では母とか言えないのかなぁ》

相変わらずの美魔女ぶりをいかんなく発揮している平子だが、過剰な自慢は世間のやっかみを買ってしまったようだ。

【あわせて読みたい】