『CDTV』出演陣に“アラサー”が号泣!「私たち世代を泣かせにきてる…」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

8月10日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に、アラサー世代から歓喜の声が続出。例えば前半の19時台は、『nobodyknows+』が代表曲『ココロオドル』を披露していた。

「nobodyknows+」が1stアルバム『Do You Know?』を発売したのは2004年。同アルバム内に収録されている「ココロオドル」が当時の若者の間で話題となり、この年の『NHK紅白歌合戦』にも出場している。

そんな彼らは今回、特設プール会場から生放送でパフォーマンスを披露。見た目はやはり老けた印象を受けるが、16年前と変わらないエネルギッシュな歌声を響かせていた。

さらに20時台には、男性レゲエユニット『Def Tech』が『My Way』を熱唱。同楽曲は250万枚の大ヒットを記録しており、彼らが〝インディーズ〟だったこともあって当時の人々に大きな衝撃を与えている。その後も『ロードオブメジャー』の元ボーカル・けんいちが『大切なもの』を熱唱したり、『湘南乃風』が『睡蓮花』を披露するなど、00年代の懐かしいアーティストが続々登場。22時台にはあのツインボーカルユニット『CHEMISTRY』も登場していた。

今回の『CDTV』はアラサー世代に好評だったが…

10代の頃に「nobodyknows+」や「Def Tech」で盛り上がっていた〝元若者〟も、今や30代前後のアラサー。そのためSNSなどでは、

《『CDTV』がアラサー歓喜すぎる! 中学生のころ携帯で『ココロオドル』を流してたなぁ》
《なんだこのアラサーに刺さりまくる布陣は》
《当時はまだMDで聴いてたなぁ》
《私たちの世代を泣かせにきてる…ほんと無理》
《このラインナップはアラサーを殺す気か!?》

と昔を懐かしむ声が上がっていた。

しかし一方で、一部視聴者からは《今の若者は絶対に見ないようなラインナップだな》との指摘も。確かに『Official髭男dism』のライブなどはあったものの、全体的にアラサーを狙い撃ちにした番組構成。たまには〝懐メロ〟を流すのもいいのかもしれないが、現役の若者たちが楽しめたのかは疑問だ。

それに番組に集まった懐かしいアーティストたちは、悪い言い方をすれば〝一発屋〟の人々。『CDTV』はいつの時代も若者のためにある番組だと思うので、アラサー世代だけで盛り上がるのは今回で最後にしてもらいたい。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】