“夜の営み”隠し撮り!? TV番組の「放送事故エピソード」ニュースランキング

松本人志 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

日夜放送されているさまざまなテレビ番組。ときには放送事故が発生してしまい、視聴者をハラハラ、ドキドキさせています。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝放送事故エピソード〟記事をご紹介します(8/13配信まで集計)。

1位 放送事故級!? 『水曜日のダウンタウン』隠し撮りで“夜の営み”が…

放送事故級!? 『水曜日のダウンタウン』隠し撮りで“夜の営み”が…

2位 放送事故!? 『とくダネ』古市憲寿氏のマジギレ生中継に視聴者アゼン…

放送事故!? 『とくダネ』古市憲寿氏のマジギレ生中継に視聴者アゼン…

3位 放送事故!?『みちょぱ』の股間を嗅いで「腰をフリフリ」がヤバすぎ

放送事故!?『みちょぱ』の股間を嗅いで「腰をフリフリ」がヤバすぎ

4位 『Mステ』で“放送事故”連発!「消えた出演者」と「トーク無視」に騒然…

『Mステ』で“放送事故”連発!「消えた出演者」と「トーク無視」に騒然…

5位 『イッテQ』で放送事故? 谷まりあにオナラ疑惑で「放送していいの?」

『イッテQ』で放送事故⁉ 谷まりあにオナラ疑惑で「放送していいの?」

6位 『嵐』が『Mステ』で放送事故!? 櫻井翔「呼吸困難に…」と告白

『嵐』が『Mステ』で放送事故!? 櫻井翔「呼吸困難に…」と告白

7位 桐谷健太の“熱唱CM”に大ブーイング「放送事故」「すごく不快」

桐谷健太の“熱唱CM”に大ブーイング「放送事故」「すごく不快」

8位 林修「放送事故でしょ!」吉田明世アナの“珍答連発”に呆れ声…

林修「放送事故でしょ!」吉田明世アナの“珍答連発”に呆れ声…

9位 『VS嵐』“ド下ネタ”の放送事故! 女優たち堪え笑いも「お茶の間凍った…」

『VS嵐』“ド下ネタ”の放送事故! 女優たち堪え笑いも「お茶の間凍った…」

10位 『ヒルナンデス!』で放送事故!“無反応”でスタジオの空気が…

『ヒルナンデス!』で放送事故!“無反応”でスタジオの空気が…

11位 『笑コラ』放送事故か怪奇現象か…再現VTRにコワ過ぎる謎の声

『笑コラ』放送事故か怪奇現象か…再現VTRにコワ過ぎる謎の声

12位 放送事故!? “ブチギレ”宮根誠司に「無能やな」「我慢できないの」

放送事故!? “ブチギレ”宮根誠司に「無能やな」「我慢できないの」

13位 『ナイツ』放送事故!?ゴールデン生放送で「ド直球の下ネタ」お茶の間が凍る

『ナイツ』放送事故!?ゴールデン生放送で「ド直球の下ネタ」お茶の間が凍る

14位 藤原竜也に小学生が“超失礼モノマネ”「放送事故じゃん」「よく目の前で…」

藤原竜也に小学生が“超失礼モノマネ”「放送事故じゃん」「よく目の前で…」

15位 Mステで放送事故…大暴れ『King Gnu』をわざと映さず!?

Mステで放送事故…大暴れ『King Gnu』をわざと映さず!?

16位 放送事故!? 小島瑠璃子“バナナの先端”パクッ!「超〜リアルだわww」

放送事故!? 小島瑠璃子“バナナの先端”パクッ!「超~リアルだわww」

17位 『朝生』で放送事故!? 田原総一朗の“暴走”をアナウンサーがマジ注意

『朝生』で放送事故!? 田原総一朗の“暴走”をアナウンサーがマジ注意

18位 『ZIP!』で放送事故!? 生中継を狙った“開脚パンツ丸出し女”の衝撃

『ZIP!』で放送事故!? 生中継を狙った“開脚パンツ丸出し女”の衝撃

19位 放送事故!? ドラマ史に残る『ナイツ』塙の“ダイコン演技”がスゴい!

放送事故!? ドラマ史に残る『ナイツ』塙の“ダイコン演技”がスゴい!

20位 『Mステ』が誇る“4大”放送事故! タモリ歴史に残る一言に大爆笑!

『Mステ』が誇る“4大”放送事故! タモリ歴史に残る一言に大爆笑!

古市憲寿氏のマジギレ生中継にびっくり!

1位に選ばれたのは、2019年9月25日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送された一幕。この日、金田朋子・森渉夫妻、『ウーマンラッシュアワー』の中川パラダイス夫妻、『たんぽぽ』の白鳥久美子夫妻の3組が出演。妻が深夜、夫に〝ウザ絡み〟して夫を長時間寝かせないという企画に挑戦しました。

企画の〝仕掛け人〟となった3人の妻はそれぞれの自宅で、企画を知らない夫側にイタズラを仕掛けて夜、寝かさないように工夫。このうち、中川はTシャツにパンツ姿でベッドに寝転びましたが、妻は子供のおもちゃでちょっかいを出し、夫の眠気を覚まそうとします。

すると、中川は「起きたらええんやな」と口にし、パンツを下ろして下半身を露出。下半身を見せつけながら妻に詰め寄り、パンツをはき直して妻を押し倒し、抱き付くなどイチャイチャが止まらない状況に。これにネット上では、「中川パラダイスセックス現場やん」や「なんかセックス始まりそうでドキドキしちゃうな」などの声があがりました。

続いて2位に選ばれたのは、2020年3月12日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)での衝撃シーン。レギュラーコメンテーターの社会学者・古市憲寿氏と、ゲストコメンテーターの医療ジャーナリスト・伊藤隼也氏が〝大口論〟を繰り広げてしまったのです。

番組はこの日、新型コロナウイルスに関するニュースを冒頭からクローズアップ。東京オリンピック組織委員会の理事が大会延期の可能性に触れた件を扱い、伊藤氏はオリンピックと新型コロナウイルスの関連について「現実の、リアルなデータが出てこないといけないので」と額にシワを寄せながらコメントしました。

すると古市氏は間髪入れず「でも、伊藤隼也さんがデータとか言っても、ちょっと何か信じられないのは、何かインフルエンザワクチンとかにも反対してるじゃないですか?」と突然かみつき始め、伊藤氏もかぶせ気味に「僕はインフルエンザワクチンには反対してないです」「僕がこういう場でインフルエンザのワクチンに反対してるって言ったことがないので」と反論。

しかし、古市氏は食い下がる姿勢を強め、「ツイッターで言ってましたよね?」「効果がないってことを言ってましたよね?」と頭に血を上らせて応戦。伊藤氏も頭から湯気を立てたように「ツイッターでインフルエンザのワクチンに反対してるとは言ってません」「僕はやらないと言ってるだけです。効果がないとは言ってないです」と抗言し、不毛な水掛け論がどんどんと激しさを増していったのです。

まるで紛糾した会議のように声を荒げる光景は、ネット上で大きな話題に。バトルの模様が《面白かった》という感想や、《よく言った》という古市氏への称賛がズラリと並びました。

今後、どんなTV番組でどんなハプニングが発生するのでしょうか?

【あわせて読みたい】