アンジャ渡部建“突然のゲスツイート”に批判続出「救いようが無い」

(C)まいじつ 

複数女性との〝多目的トイレ不倫〟で活動休止中の『アンジャッシュ』渡部建が8月12日、突如自身のツイッターを更新。恐らく〝誤爆〟と思われるが、内容が内容だけに、ネット上では非難の声が続出している。

不倫発覚後、今日に至るまで公の場で説明の機会を設けず、未だに雲隠れ状態を続ける渡部。相方の児嶋一哉が、ピンでバラエティー番組やYouTubeに奮闘している中、どうやら〝芸能界のグルメ王〟は来たる復帰へ向けて着々とグルメ情報を集めているようだ。

騒動後、更新が途絶えていたツイッターが12日の午前10時半頃、突然更新された。その内容は、《[食べログ]グリューネ・ベカライ、r》(原文ママ)で、文末にはサムズダウンの絵文字が2つ。しかし、まもなくこの投稿は削除された。