鈴木蘭々の久々“テレビ出演”が話題に!「JOYみたいになっててビックリ」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

タレントの鈴木蘭々が、8月12日放送のバラエテーィ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。漫画『北斗の拳』のキャラクター・トキへの思い入れを語った。

この日の番組テーマは〝男勝りな練馬女〟。鈴木のほか、観月ありさやシンガー・ソングライターのsachi.といった練馬区育ちのタレントが集結した。本来であれば、〝練馬区愛〟を語るはずだったが、なぜか鈴木は『北斗の拳』愛を語ることに。

鈴木は「どんな男性が好きですか?」と聞かれると、必ずトキが好きだと答えているそう。「なぜ主人公のケンシロウではないのか?」という疑問には、「わかりませんか!? トキの素晴らしさが!」と語気を強めた。

「北斗の拳より鈴木蘭々の方が懐かしい」

〝トキ愛〟を大いに語った鈴木に、視聴者からは、

《久しぶりに顔見たらJOYみたいになっててビックリした》
《北斗の拳より鈴木蘭々の方が懐かしいわ》
《北斗の歴史上、最も華麗な技を持つ男だからな》
《トキ推しって珍しいな》
《中川翔子よりも先にオタク趣味を売りにしてたタレントだったな》

など、大きな反響を呼んでいる。

「鈴木は、中学1年生のときにスカウトされて芸能界入り。1994年に子ども番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)に安室奈美恵と〝シスターラビッツ〟として出演し、大ブレークしました。しかし、1999年3月で番組を降板すると、その後は表舞台で見かける機会が激減。2011年には鈴木の兄が、自宅で違法FM放送局を開設した疑いで逮捕されました。また鈴木自身も兄の番組に出演したことが明らかになり、批判の声が殺到したこともあります」(芸能記者)

鈴木は現在、歌手業のほかに、化粧品ブランドを立ち上げて実業家としても活動している。昔ながらのファンは、またバラエティー番組に戻ってきてほしいと思っているだろう。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】