小島瑠璃子の“ニオわせツイート”が物議「奥さんに対するマウントか?」

小島瑠璃子 

(C)まいじつ 

人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚した〝こじるり〟ことタレントの小島瑠璃子。ネット上では、以前に小島がツイッターに投稿した〝意味深な内容〟のツイートが話題になっている。

小島はもともと『キングダム』の大ファンを公言していた上、原氏も〝バツイチ独身〟だったことから、この熱愛は何も問題ないかと思われていた。しかしネット上では、子煩悩で夫婦仲が良かった原氏が離婚したのは、小島のせいではないかとの憶測が飛び交い、小島に対して非難の声が殺到。8月8日放送の『さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!』(ニッポン放送)で、小島が交際について認める一幕があったものの、〝略奪疑惑〟に関して語られることはなかった。

そんな中、にわかに話題になっているのは、6月14日の小島のツイート。この時期は、1995年に放送された恋愛ドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS系)が「2020年 特別版」として再放送されており、小島は《トヨエツさん。かっこよすぎる。ぎゃーすきーーーー!!! 心臓がぎゅーってなるなにこれ》《こんな純粋な恋したいー》などとドラマの感想を連投。そして、心にグッと刺さるモノがあったのか、

《過去に、真実はない。僕はいまを生きている。そして、今の僕が愛しているのは君だけだ。ごめん、メモ》

と、ドラマ内のセリフを引用してツイートしたのだ。

こじるりは腹の中も黒い!?

「これは、聴覚に障害を持っている画家役の豊川悦司が、常盤貴子演じるヒロインに、手話で語りかけた言葉です」(芸能ライター)

今回の熱愛報道後、小島がこの言葉を引用したことに関する意図を邪推する人が続出。ネット上では、

《正直こういう事する子に見えなかったけどなこじるりって…》
《奥さんに対するマウントやべえな》
《ニオわせというか無理やり嗅がせてるやろ》
《マウントしながら勝利者宣言》
《どんだけ性格の悪さを晒せば気が済むんだよ 元妻と子どもが可哀想すぎんだろ》
《元妻、真実ではなかった》

といった声があがっている。

果たして、小島は何故この言葉が響いたのだろうか…。

【あわせて読みたい】