『モニタリング』モノマネ歌手のサプライズ企画に疑惑「口パクでは?」

(C)luckyraccoon / Shutterstock 

8月13日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)のドッキリ企画で、モノマネ歌手が披露した歌が「口パクだったのでは?」と視聴者から疑いの目が向けられている。

この日番組では、ガソリンスタンドを舞台に検証企画を展開。1000円を払えば有名人のショーを観覧できるとの触れ込みで、利用客がどの企画を選ぶかを確かめた。

スタンドの利用客のリクエストに応じ、『FIELD OF VIEW』の浅岡雄也は『突然』『DAN DAN 心魅かれてく』を披露。また、モノマネタレントの荒牧陽子は、黄色のド派手な衣装に身を包んで登場。過去にモノマネ番組で優勝した際に歌ったという『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』を披露した。

荒牧陽子が『紅蓮華』披露も「口の動きと合ってない!」

荒牧は胸のあたりにピンマイクをつけ、マイク片手に車の先に立って歌を披露。4人組の家族は手をたたいて大喜びしていた。中でも運転席の女性は涙を流し、手を合わせて拝むなど感激した様子。荒牧はMISIAの『Everything』も歌い、「私もここで歌う(ことになる)なんて思わなかった」と笑いながらも、家族との交流を楽しんでいた。

このほか、化学実験のショーやお笑いコンビ『COWCOW』と『ハンバーグ師匠』こと『スピードワゴン』井戸田潤のショーも披露された。利用者は歓喜したが、視聴者は荒牧の『紅蓮華』を歌唱した際の口の動きに首をかしげていた。一部からは「口パクだったのでは」との指摘が相次いでいる。

《荒牧陽子の紅蓮花の口パク…? これでほんとに歌ってたらほんとにすごい》
《似てる上手い!って思ったけど口の動きがちょっとズレてる…》
《荒牧さん 口の動きとマイクが全然合ってなかったから 音ちゃんと取れてなかったから テレビ用に一昨日後で入れたんかなぁ》
《荒牧陽子口パクやんな。マイク外すタイミングおかしい》
《マイクを口から離しても少しだけ長く声が伸びて残ってるのに違和感覚える…》
《紅蓮華、明らか口パクじゃない? マイクから離れても小さくならないし…》

「生歌」でなくとも、利用者が感動したらOKということなのだろうか。

【画像】

luckyraccoon / Shutterstock

【あわせて読みたい】