「日本キライになりそう」芸能人の“不祥事”をもみ消すテレビ局…

松本人志

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月7日に『文春オンライン』が、山下智久の〝淫行疑惑〟という衝撃のスキャンダルを報じた。しかしテレビでは怖いほどこの話題が扱われず、ネット上では不信感が募っている。

報道によると、去る7月30日、東京・港区のバーで山下は『KAT-TUN』亀梨和也らと午前4時すぎまで飲んでいたが、同席していた女性たちはそれぞれ女子高生モデルのA子(17)とB子(18)、そして元アイドルの既婚女性C子(22)だった。そして、山下の宿泊する都内の高級ホテルに、A子が時間差で向かったというのだ。

淫行や未成年との飲酒といえば、これまでに多くの芸能人が活動自粛、芸能界引退などに追い込まれてきた。しかし今回の山下の件はというと、ネット上では大盛り上がりにも関わらず、テレビは完全スルー。これに対して

《山Pのスキャンダルが怖いくらいテレビで言われてないのに違和感…。 何かの力が働いてるように感じる…》
《山Pの報道テレビで全くしないの闇すぎるんやけど 絶対違う人やったら、連日報道してるやろ(笑)この差なんなん》
《日本のテレビもここまで堕ちていたのか 山Pの未成年問題を何故どこも伝えない 圧力?》
《山Pの件、本当なのかな〜本当だとして揉み消されるのかな〜ネットでは見るけどテレビではやらないし~なんか日本キライになりそう~》

といった呆れ声があがっている。

今回と同様に、テレビ局が黙殺した芸能人の不祥事は多い。

松本人志が再三の苦言も…

まずは木下優樹菜。〝タピオカ店恫喝事件〟は今でこそ大々的に報じられているが、騒動が起こり始めたころはキー局が一様にダンマリ。福岡のローカル放送『めんたいワイド』というワイドショーだけが木下の騒動を取り上げ、《なぜ 木下優樹菜 恫喝騒動 ネットニュースだけの怪》と、ネット界とテレビ界の温度差に疑問を投げかけていた。

モデルのマギーは、17年1月に『Hi-STANDARD』横山健との不倫を『フライデー』にスクープされたが、各テレビ局が完全にスルー。『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が少しイジったところ、東野幸治から「その話は鍵がかかっています」と制される一幕もあった。

なお、松本は木下の騒動の時もテレビに関してチクリと刺していたことが。木下の件がテレビ界で解禁となった際に「僕としてはテレビで扱った方がいいんじゃないのかなとずっと思っていた」と苦言。事務所か木下本人が報道をストップさせていたのでは? と明かしていた。

いまやテレビでスルーを決め込んでも、印象が悪くなるだけ。正々堂々と説明するべきだと思うが…。

【あわせて読みたい】