『おしゃれイズム』の放送事故!?にV6ファンが激怒!「これからは見ない」

V6 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

8月16日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、テロップにミスがあったとして、視聴者から批判する声が上がっている。

この日のゲストは『V6』の井ノ原快彦。『24時間テレビ〜愛は地球を救う』(同)でメインパーソナリティーを務める井ノ原は同特番をPRした。

番組のミスが視聴者の間で話題になったのは、デビュー当時の『V6』の写真が公開された場面。6人が前後2列になり体を寄せ合った写真で、後列左から三宅健、森田剛、岡田准一、前列左から坂本昌行、井ノ原、長野博の順に並んでいた。

『V6』坂本昌行の表記が「昌之」に…

当時14歳だった最年少の三宅から最年長で当時24歳の坂本まで、それぞれ年齢を添えてメンバーの名前をテロップで表記していたが、番組では坂本の名前「昌行」を「昌之」と間違ってテロップ表記していたと視聴者は指摘している。

番組中、井ノ原はジャニーズ事務所の他グループにも言及。『くりぃむしちゅー』上田晋也が「3分の1ぐらいになったグループだっているわけだし」と話を振られ、「30になったらそれぞれ、やりたいことも出てくるでしょうし…」と気遣う場面もあった。

視聴者は、『V6』が25周年を迎える にもかかわらず、坂本が名前を間違えられたことに驚いたよう。テロップ表記を間違えた番組サイドを批判していた。

《ちゃんと確認してください。名前違ってました…》
《坂本くんは昌行です。昌之ではありません 気をつけてください!》
《坂本くんの名前間違ってたよね イノッチ出てたから一応見たけどこれからは見ないな ってか元々見てないけどさ》
《おしゃれイズム、坂本くんの名前の漢字が違ったよ…勤続25年なのに…ちょっと悲しかったよ…》
《おしゃれイズムに激怒です。坂本昌行さんなのに昌之になってた》
《坂本昌行なのに坂本昌之になってたのは何故》

これだけ長い間芸能界で頑張っているのに、名前を間違えられるのは悲しいものだ。

【あわせて読みたい】