『24時間テレビ』高橋尚子“募金ラン”に辛辣「ギャラから払うんでしょ」

毎夏恒例、日本テレビ系チャリティー番組『24時間テレビ43 愛は地球を救う』(8月22、23日)の大型企画が、放送を1週間後に控えた16日、同系の『行列のできる法律相談所』番組内で発表された。

今年はシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子が中心となり、1周5キロのコースを周回するごとに10万円を寄付する〝募金ラン〟が開催されるという。また、高橋の他に有名女優が1人参加するといい、その名前は放送の当日に発表されるそうだ。

メインパーソナリティーを務める『V6』の井ノ原快彦は「高橋尚子さんのチャリティーにこだわった持ち込み企画。スタッフ、キャスト一同、心より応援させていただきます。Qちゃんのプライドを懸けた前代未聞のチャレンジ、ゴールまでみんなで見届けましょう!」と呼び掛けた。

「助っ人として加わる『チームQ』は、計5人。高橋は金メダリストとして、150キロは行きたいと意気込んでいるといいます。いずれにしても本当に150キロ走破できれば、300万円を寄付することになりますね。当初はリレー形式の企画が提案されましたが、高橋自身が『自分の限界にチャレンジしたい』と、1周10万円の募金ランを逆提案したそうです」(芸能記者)

「パチンコしてる姿しか思い浮かばない」

これに対し、ネット上では、

《Qちゃんらしい企画ですね。熱中症に気を付けて頑張ってほしいです》
《今年はマラソンないと思ってたのに、やっぱりやるんだ。コロナに注意して頑張って》
《これって、高橋尚子が全額募金するの? すごいなぁ》
《Qちゃんに憧れてマラソン始めたからうれしい。当日は全力で応援したい》

など、多くのエールが送られた。

しかし一方で、またもやマラソン絡みの企画が実施されることについては、

《わざわざ猛暑の中走る必要あるの? 普通に募金すればいいじゃんw》
《もはやQちゃんてマラソンよりもパチンコしてる姿しか思い浮かばない。この企画も自身のイメージアップのためなんだろうね》
《どうせもらったギャラから払うんだろ?w 意味ないよな》
《高橋さん、そこまでやるなら当然、出演料はもらわないですよね?》

など、番組のギャラの行方を気にする声も寄せられている。

高橋の意気込みが果たしてどれだけの視聴者に響くのか。何はともあれ、当日の放送を楽しみに待ちたい。

【あわせて読みたい】