『Mステ』椎名林檎の“ハプニング”に悶絶「たまらん」「カワイさ倍増」

Nikolas_jkd / Shutterstock

8月14日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、『東京事変』が出演。思わぬハプニングに見舞われたボーカル・椎名林檎が、ファンから「かわいい」などと礼賛された。

今回の放送で「東京事変」が披露したのは、12日に配信限定としてリリースされたばかりの新曲、『赤の同盟』。同曲は、リリース日に放送が開始されたドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)の主題歌で、この日の「Mステ」がテレビ初披露だった。

メンバーはみな浴衣姿で出演しており、事前VTRでは衣装のテーマについて「逃すまじ夏2020」と明かされる。椎名は「お祭りも軒並み中止ですので…」と控えめに意気込むと、うちわを持ったままパフォーマンスに入っていく。

しかし、クライマックスに差し掛かり、曲が一番の盛り上がりを見せた際、思わぬハプニングが起きてしまう。椎名はマイクスタンドの下あたりに手をぶら下げていたのだが、歌っているときに当たってしまったのか、マイクが熱唱の真っ最中に突然、倒れ掛けたのだ。

椎名林檎のキメ顔が崩れるもファンは悶絶

椎名は瞬時に下を向いてマイクをキャッチ。クールな顔が一瞬にして焦りに変わってしまうも、音声が飛んだのは1秒ほどとダメージは最小限に食い止める。マイクを受け止めた椎名は、そのまま握って歌うスタイルにチェンジ。しかし、ハプニングに思わず笑ってしまい、クールな顔はニタニタとした表情に変わっていた。

歌い終わった後はキメ顔で涼しい表情をしていた椎名。しかし、視聴者がこのハプニングを見過ごすはずはなく、ネット上には、

《椎名林檎のマイクズレて笑ってるのめちゃかわいかった》
《マイクスタンドがグラつくなんて初めて見た。 けど、結果余計かわいかったのでオーーーーールOK》
《一瞬焦った顔なった椎名林檎氏たまらんかったな》
《椎名林檎さんマイク当たって? 一瞬え??って焦ってたのかわいい…ほんまに41歳? 美し過ぎる》
《クールに決めこんで歌ってた椎名林檎が一瞬きゃっ!ってなっててカワイさ倍増だった》

など、ファンからの称賛が続出している。

なお、同日の放送では『King&Prince』の平野紫耀も歌詞を間違えてしまう場面が。何かと不運な回となったようだ。

【画像】

Nikolas_jkd / Shutterstock

【あわせて読みたい】