田中みな実“女優”へ路線変更!? 事務所移籍に「勘違いが残念な人…」

田中みな実 

(C)まいじつ 

8月15日、フリーアナウンサーの田中みな実が、広末涼子や戸田恵梨香、有村架純らが所属する芸能事務所『フラーム』へ移籍することを発表した。

田中は同社の公式ホームページで、《このたび、私、田中みな実は、お世話になりました『テイクオフ』を離れ、『フラーム』に所属することとなりましたので、ここにご報告いたします。放送局を退社して6年、仕事に対する考えや、やりたいことを尊重し、のびのびとやらせてくれた前事務所には、感謝の想いでいっぱいです》と、前所属事務所へ感謝の言葉を語った。

田中は2009年にTBSへ入社し、バラエティー番組などで活躍。14年9月に退社後、昨年12月に発売した写真集『Sincerely yours…』が70万部を超えるベストセラーとなり、一躍〝美の象徴〟として人気タレントの仲間入りを果たした。

近年ではドラマや映画にも出演し、活躍の幅を広げており、『フラーム』への移籍は女優業へシフトするためといわれている。

田中みな実の女優路線に心配の声が…

突然の移籍に、ネット上では、

《実力派女優さんと同じ土俵に立とうとする勇気は素晴らしいと思います! 違った意味で感心します!》
《アイドル女優をゴリ押す事務所のようだけど、何路線でいくつもりだろう》
《何か勘違いしている残念な人。もう少し自分を見る目を養ってほしかった。好きになりかけてただけに残念》
《アナウンサー時代に、マスコット的な扱いをして勘違いをさせたスタッフたちは罪深いと思う》
《昔は「かわいいなぁ」とか「すごく美人」とか思っていたけど、最近あちこちの番組に出演していて少し目線の高い発言が多いせいか飽きている》

などなど、思いの外、厳しい意見が上がっているようだ。

田中はドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)での怪演が話題に。しかし演技力が評価されたわけでなく、放送当時は、

《目にビスケットつけてる》
《恥ずかし過ぎて見てられなかった》
《ミカンみたいな眼帯ヤバいねw》
《本人の「ほら怪演でしょ!?」って感がひしひし伝わってきてイヤ》

などの声が上がっていた。

しかし、田中は理想のボディーラインをキープするために、食事や睡眠、運動などをストイックに実行。この姿を見ると、いつか演技力も身に付くかもしれない。

【あわせて読みたい】