元AKB・渡辺麻友“誰も知らない辞めた理由”を回想本で公開!?

渡辺麻友 

(C)まいじつ 

今、一部の出版社が、芸能界を引退した元『AKB48』の渡辺麻友さんに接触を図っているという。去る6月1日、渡辺さんの所属事務所が突然、彼女の芸能界引退を発表。その背景はいまだナゾとされている。

「所属事務所とは話し合いを重ねたようですが、引退を回避する方法はなかったというのです。彼女は辞めることしか考えがなく、それがただ1つの選択だったそうです。引退ありきの話だったようです」(芸能ライター)

渡辺さんは昨年9月まで、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演。その演技力は高く評価された。しかし、放送終了後、完全な休業状態。全く仕事に関する情報を発信しなかったことから、ファンも「おかしい」と騒ぎ出した経緯がある。

「渡辺さんはほとんどSNSをやりませんでした。5月31日に引退のあいさつをツイッターに書いたのが最後の仕事だったのでしょう。CMなども今年3月ですべて終了。事務所としては引き留めるスベもなかったとみられます」(同・ライター)

辞める前から伝わっていた健康不安

所属事務所は「健康上の理由」ということをコメントし、具体的な話も発表することはなかった。

「渡辺さんはAKB時代からスキャンダルもなく、正統派アイドルを貫いた。本人の辞める気持ちが固いために、その意志を尊重したのだと思います。ただ、渡辺さんには辞める前から健康不安が伝わっていて、それを事務所も考慮したのでは」(アイドル雑誌編集者)

渡辺さんは精神的に病んでいたという一部週刊誌報道も出ていた。

「ストイックな性格で内にこもるタイプ。現場でも思い詰めたような表情で、1人黙っていることもママありましたね」(同・編集者)

この渡辺さんに今、一部出版社が急接近。書籍の出版を試みているという。

「渡辺さんは何のメッセージも出さずに辞めたので、回想本の企画を打診しているようです。交渉は難航しているみたいですが、でも、なぜ辞めたのかの本音の部分は聞きたいですね。確率は五分五分だと聞きます」(芸能書籍編集者)

本当に最後ならば、ぜひとも何か語ってほしいものだ。

【あわせて読みたい】