後藤真希“モー娘前のガングロ写真”に仰天! クスぶる話題作り説…

後藤真希 

(C)まいじつ 

元『モーニング娘。』の後藤真希が8月13日、自身のYouTubeチャンネル『ゴマキとオウキ』で、モー娘に入る前の〝ガングロ時代の写真〟を公開。話題となっている。

「モー娘には中学2年のときに入っていますので、ガングロ写真は、その数カ月前のものだそうですね」(芸能ライター)

当時はアイドルではなく、「ギャルになる」と思っていたらしく、毎日、日焼けサロンに通っていたという。

「YouTubeでは紫外線対策をテーマに、日焼け止めなどの化粧品を紹介しているのですが、宣伝っぽさがアリアリ。一方で、日焼け止めはしないとか言いますし、ネット上では『ウサンくさい』の批判の声も。ギャルしていたのを『後悔しています』とも語っていて、今さらという気もしますね」(同・ライター)



後藤は昨年、元カレとの不倫が発覚。夫が不倫相手に対して訴訟を起こすという驚きの事態に発展。夫は不倫相手と和解し、後藤は夫と元サヤに収まることで決着となった。

「それまで夫はたびたびブログに登場していたのですが、裁判以降はパッタリ姿を見せなくなった。夫婦破綻説は依然として消えていません。当然、イメージが悪くてテレビの出番はありません」(同)

ギャルメークで遊んだだけ?

今年に入ってからは、セクシー写真集出版の話も持ち上がっていた後藤。最近、一部の芸能サイトにも報じられたが、韓国系出版社からの発売を検討しているのだとか。

「後藤には、韓国系の通販会社がスポンサーに付いているとされますが、その関係のようです。ただ、版元と見られるA社は近年、写真集の実績がない。ギャラに関しても、セクシーなのに思ったような額ではなく、契約には至っていないといいます」(写真集編集者)

実は、後藤のガングロ話は〝作り説〟もあるという。

「今回YouTubeで見せた写真は、実際には10年ほど前にテレビでも公開している写真。そのときは、ギャルメークで遊んだだけだと言っていましたが…。最近、複数のギャル雑誌が復刊。ブーム再来の可能性があります。今、仕事に行き詰まっている後藤が、それに乗ろうとしていることも考えられますね」(同・編集者)

元ギャルでも何でもいいが、とにもかくにもセクシー実現には前向きでいてほしいものだ。

【あわせて読みたい】