坂上忍もビックリ…『バイキング』生放送で舌打ちした榎並アナに賛否の声

(C)Ollyy / Shutterstock 

フジテレビの昼の情報番組『バイキング』のアシスタントを務める同局・榎並大二郎アナウンサーが、8月18日の放送内で舌打ちし、番組中に謝罪した。

新型コロナウイルスのニュースに移行するため、画面に映った文字を読み上げていく榎並アナ。モニターには、「新型コロナウイルス 感染は若者から中高年へシフト 重症者が急増! 病床はひっ迫!?」と表示されている。しかし、榎並アナは「重症者が急増!」という部分を噛んでしまい、「じゅっそっさ…えー」と発言。即座に正しい読みで言い直したが、直後に「チッ」とマイクが拾うほどハッキリとした音で舌打ちをしたのだ。

読み上げはCMまたぎだったため、舌打ち後、即座にCMへつなぐBGMが流れていく。カメラはモニターのアップから引きのアングルにチェンジ。すると、舌打ちを聞いたMC・坂上忍の驚いた顔と、榎並アナの苦笑いが映された。さらに、坂上はCMへ切り替わる直前、「頑張れ!」「大丈夫だ!」と榎並アナの方へ歩み寄っていく。

高橋真麻「坂上さんが打ったんだと思った」

舌打ちからおよそ40分後、はやりのフォトエッセイの話題で話を振られた榎並アナは、「『バイキング』っていう番組、あんまり普通の番組じゃないじゃないですか?」と、フォトエッセイとは何の関係もない返答を繰り出す。

さらに、「局アナという立場でちょっと甘んじて、意見とか言わなかったんですけど、ちょっとずつ言えるような場になった結果が、今日…。噛んでちょっと舌打ちしちゃったんですけど」と自虐し、坂上は「びっくりしちゃった」とコメントしていた。

坂上が「最近『重症者』がなかなか言えなくて、噛みまくって、イラついてたとこがあったわけ、榎並の中でね」「そしたら、今日もまたロレっちゃって。舌打ちするとは思わなかったよ」と続けると、スタジオには笑いが。

コメンテーターの高橋真麻は「あの舌打ち、坂上さんが打ったんだと思った」と驚き、榎並アナは「視聴者の皆様、お聞き苦しいところをお見せしてしまったと思うんですが… お付き合いください」と、笑顔でヘラヘラしながら謝罪した。

一連のくだりはネット上で話題となり、

《重症者をちゃんと言えることより、その悪いクセを先に直した方がよい》
《噛んで舌打ちするって、自分に憤りを感じてるって意味だと思う》
《悔しい気持ちは分かるけど…アナウンサーが舌打ちはダメですよ》
《公の場で舌打ちはマズイでしょう。つい出ちゃったということは、普段からしてるんでしょうね》
《人間なんだから噛むときもあるだろう》
《榎並さん頑張れ!って思っちゃったよ》
《舌打ちはもちろんよろしくないんだけど、他の誰かに向けたものじゃなくて、できない自分に向けたものだし、ちゃんと謝罪してるし、メゲずにがんばって!と思う》

など、賛否の声が。

入社13年目で、この噛み具合とは…。榎並アナのフリー転身はまだまだ先になりそうだ。

【画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】