打ち切り&炎上で大ピンチ! 安藤優子“事実上の追い出し”も華麗に転身?

安藤優子 

(C)まいじつ 

『スーパーニュース』や『ニュースJAPAN』など、フリーアナウンサーながら長年にわたり〝フジテレビの顔〟として君臨している安藤優子。キャリアウーマン・理想の上司として同性人気も高い彼女だが、ここ最近は〝逆風〟が続いている。

去る7月、安藤が現在、メインキャスターを務めている『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)が、9月をもって打ち切られると複数のメディアが報じた。終了すれば、安藤のレギュラー番組はゼロとなってしまう。

秋の改編で新番組に抜擢されなければ、33年間も続けてきた、フジ帯番組キャスターの座を降りることになる安藤。平日5日を33年間と考えると凄まじい記録だが、残念ながら、34年目は来そうにないという。

「『グッディ!』以外に、『とくダネ!』の終了も報じられているフジですが、これは懐事情によるもの。局がこの10年で見事に凋落してしまった上、コロナ禍で広告収入が激減。〝コスパ〟が悪い番組を打ち切る方針になったためです。とはいえ、付き合いの長さを考えれば、規模を縮小した新レギュラー番組も用意されそうなもの。しかし、安藤はここ最近、好感度の低下が顕著で、長年君臨したフジからも事実上の〝追い出し〟となりそうなのです」(芸能記者)

事実上の追い出しで安藤優子が政界進出!?

「安藤は〝働くオンナ〟として同性支持が高い一方、バリキャリの雰囲気や二度の不倫略奪婚という過去から、男性好感度がすこぶる悪い。そして先日には『グッディ!』で大炎上の失言をやらかし、幅広い層から嫌われることとなってしまいました」(スポーツ紙記者)

8月19日、「グッディ!」は猛暑のニュースを伝える中で、京都にいるリポーターとの中継を行った。リポーターの持つ温度計は40度を超えており、「フラフラしてきました」「暑くてボーっとしています」と、まさに熱中症のような症状に。身の危険を感じたのか、リポーターは「(スタジオに)お返しします」と中継を打ち切ろうとしたのだが、これに安藤は「返しちゃうの? 私、返されたのね?」と大笑いしたのだ。

さらに安藤は「えーと、もう1回お返ししていいですか」と、中継続行を求める鬼畜ぶりを披露。他の出演者が「休憩した方がいい」「早く車に入って休んで」とフォローに入るほど異常事態で、安藤にはネット上で非難が殺到することとなった。

「ご存じの通り、ここ数年、日本は不倫スキャンダルに厳しい社会。安藤の結婚経緯も、スネに残った傷と言えるでしょう。特に安藤は不倫問題に切り込む立場ですから、視聴者のイメージは輪をかけて悪い。そこへ来て猛暑リポートで失言グセのボロまで出てしまい、局内でも〝安藤の起用はリスク〟となりつつあるようです。もう61歳で定年に当たる年ですし、引き際としてはいいタイミングだったのでは」(同・記者)

しかし、安藤本人はまだまだやる気のようで…。

「キャリアウーマンというイメージにたがわず、安藤はキャスター職に誇りとやりがいも感じている様子。このままフェードアウトするとは考えにくく、テレビから退いても、フリージャーナリストとして取材や執筆、講演等の言論活動に励むはず。もう1つ考えられるのは、お堅いイメージや高い知名度、報道での経験を生かした政界進出。来年には総選挙が控えていますし、首長選挙なら〝第2の小池百合子〟的イメージ戦略で、トップ当選は確実ですからね」(フジテレビ関係者)

日本一有名と言っても過言ではない、キャスター界の女帝・安藤優子。よわい62を迎えるこの秋、何か大きな動きがありそうだ。

【あわせて読みたい】