米倉涼子“ポロリ寸前“の私服姿に興奮とドン引き「顔を隠して胸隠さず」

米倉涼子

(C)まいじつ

女優・米倉涼子の〝超セクシー墓参り〟姿を、8月18日発売の『FLASH』が報じた。ネット上では、あまりの露出度に困惑と大興奮の声が巻き起こっている。

今年3月末に『オスカープロモーション』を退社し、4月から個人事務所『Desafio(デサフィオ)』で再始動している米倉。都内で最高気温31.8度を記録した8月1日、米倉の姿は横浜市内の霊園にあった。同誌によると、この霊園には亡き父のお墓があるようで、写真には米倉が車から降りてきたところや、1人水桶を片手に歩いていく様子が掲載されている。

「かなり暑い日中の時間だったからか、米倉はショッキングピンクのチューブトップに、胸元や腰がざっくりと開いた黒のキャミワンピ姿。しかし、チューブトップがズリ落ちてきていて、谷間が全開。もはやギリギリ〝ポロリは免れている〟といった状態で、今にも見えてしまいそう。周囲に他の来訪者がいたら、目のやり場に困るでしょうね」(女性誌ライター)

米倉涼子の私服に「仏様も勃起」!?

米倉の超セクシー墓参り姿に、ネット上では、

《墓参りにこんな人いたらちょっとビビるwww》
《仏様も勃起》
《顔を隠して胸隠さず》
《いいね。みんな年とか気にせずこれくらい薄着でいいのに》
《スゲーな米倉。プライベートでもこんな格好してんのか。ハリウッドスターみたい》

などと、大歓迎の声が続出。しかしその一方で、

《「色っぽい」と言うよりは「だらしない」よな》
《完全に水商売》

など、ドン引きする声も上がっている。

「米倉は今年の1月に、アルゼンチン人タンゴダンサーのゴンサロ・クエッショ氏との熱愛が明らかなっています。露出度の高い格好は、彼の文化やセンスの影響を受けているのかもしれませんね」(芸能ライター)

今秋には米倉にとって独立後初となるテレビドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』(テレビ朝日系)が放送される。公私ともに順調そうで何よりだ。

【あわせて読みたい】