“半沢直樹”ネタを香川照之が『NHK昆虫すごいぜ』にぶっこんで大絶賛!

香川照之 

(C)まいじつ

8月21日に放送された『香川照之の昆虫すごいぜ!』(NHK Eテレ)に、俳優の香川照之が出演。自身が大和田取締役として出演する大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)を彷彿とさせるセリフが登場し、ネット上で大盛り上がりしている。

同番組は、昆虫を愛してやまない香川が着ぐるみ姿の〝カマキリ先生〟として登場し、昆虫の生態を解説する番組。今回の放送では、頭から羽の先までが7センチにもなる〝クマゼミ〟の捕獲に挑戦した。

カマキリ先生は、クマゼミを「セミの王者」と紹介。捕獲するため、神奈川県・三浦半島にある林で捜索を開始した。周囲の鳴き声を頼りにし、捜索から1時間ほどでセミを見つけ出すも、捕まえたのはメスのクマゼミだった。

しかし、ようやくクマゼミのオスを発見する。今度こそ逃したくないカマキリ先生は、スタッフの手も借りて挟み撃ちする作戦に出る。するとナレーションで「2つの網で倍返しだ!!!!!」と、『半沢直樹』を思わせるセリフが。だが、大和田取締役もといカマキリ先生は取り逃がしてしまい、タイムアップに。するとナレーションは「ここで残念ながら、お・し・ま・い・DEATH!」と、大和田取締役の台詞で締めくくるのだった。

カマキリから取締役までこなす香川照之

さらに放送終了後、香川が自身のツイッターへ《「つたう汗 遥かに聞こゆ 久間のせみ」カマキリ先生、クマゼミの前にあえなく惨敗。スゴスゴと東京中央銀行に再び戻ることにいたします。あさって夜9時、第6話。何かが起こる!》とツイート。



この演出に、ファンからは、

《昆虫すごいぜ!楽しかったー!! 半沢ネタのナレーションもあり、かなり自分の中で盛り上がった》
《随所に半沢 自由なNHK》
《半沢ネタをぶっこんできてる…良いねぇ》
《昆虫すごいぜみてるけど、ちょいちょい半沢直樹を挟んできて1人で笑ってる》
《半沢直樹と昆虫すごいぜのおかげで、香川照之めちゃくちゃ好きになってる》

など、歓喜の声が続出している。

『半沢直樹』第6話の視聴率は24.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全話20%以上をキープ。カマキリ先生での香川のはっちゃけっぷりも、視聴率に貢献しているかもしれない。

【あわせて読みたい】