『Mステ』タモリに“NG芸能人”の話題が! 放送事故級の気マズさ…

タモリ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

業界内外より、かねて〝確執〟がウワサされているタモリと歌手の小田和正。そんな2人にまつわる話題が、8月21日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で飛び出し、視聴者はヒヤヒヤしたようだ。

「デビューして間もない1970年代後半~80年代初頭、タモリは『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の毒舌パーソナリティーとして、当時の若者からカルト的な人気を博していました。タモリは、そこであらゆる業界に噛み付いており、当時流行していた音楽も公然と批判。フォークソングブームを『暗くて嫌い』と吐き捨て、小田のグループ『オフコース』については、『見せかけの優しさ』などと批判しまくっていたのです」(エンタメ誌ライター)

そして、1984年には、直接の対面で大きな転換点を迎えることとなる。

「『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の『テレフォンショッキング』に小田が出演。2人の間には何とも気まずそうな空気が流れ、『レコードお出しになった?』と聞くタモリに、小田は『気に入らないと思いますけど』とチクリ。以降、長年にわたって〝混ぜるな危険〟の共演NGとされてきました」(同・ライター)

今回の「Mステ」で、この話題を想起させたのが、『Sexy Zone』のマリウス葉だった。

ふいにタモリの天敵の話題が…

番組には、アーティストが自身のプレイリストを公開するコーナーがあり、マリウスはバラード中心で構成された「ツーンとくる曲」というプレイリストを公開。その1曲目には、小田の『たしかなこと』が入っており、「特に『たしかなこと』は、2番の『自分のこと大切にして 誰かのことそっと想うみたいに』という歌詞がツーンと来て…」とイチオシ曲であることを熱弁する。

当然ながら、小田とタモリの関係を知っている視聴者は、マリウスのトークにハラハラ。小田の名前が出た瞬間、カメラがタモリの方へチェンジしたこともあり、ネット上には、

《小田和正… タモリ… あっ…》
《タモリさんの前で小田和正は禁句だよ…》
《あっ マリウスはタモリが小田和正あんまり好きじゃないの知らない世代なんか!》
《周りの昭和生まれが、無駄にヒヤヒヤするからやめろ笑》
《マリウス! タモさんに小田和正の話は禁句だから!》
《t.a.t.uと小田和正はタモさんNGだからw》
《タモさんに小田和正の話題振るなよ 世界の常識だろーが》

など、心配の声が相次いでいった。

「一時は冷戦状態だった小田とタモリですが、2012年7月の『27時間テレビ』(フジテレビ系)で『テレフォンショッキング』のVTRが流され、タモリは『印象深いね~ 気まずいね~』とコメント。自らイジっていたので、現在では〝雪解け〟したといわれていますね」(芸能事務所関係者)

2000年生まれで、3月に成人したばかりのマリウス。タモリと小田の関係は知らなかったのだろう。

【あわせて読みたい】