『ネプリーグ』フジ新人アナが“爆乳”ブルンブルンッ!「女も興奮するデカさだ」

8月24日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に、同局の新人アナウンサー渡邊渚が出演。番組中に胸をユサユサと揺らす場面があったとして、悩殺される視聴者が続出した。

日本に詳しい外国人として、モーリー・ロバートソンやフローラン・ダバディらが出演し、日本人チームと対戦する方式でクイズに挑戦。一方、慶応大経済学部出身の渡邊アナは德田聡一朗アナ、佐久間みなみアナと共に出演。早稲田大出身の『ハナコ』岡部大、東大卒の林修氏らとチームを組んだ。

渡邊アナの抜群のプロポーションが視聴者の間で話題になったのは、漢字の書き取りや読み取り問題に挑む「日本語ツアーズバギー」での振る舞いだった。

ガッツポーズするたびに「ボインボイン」

「漢検準1級を持っている」とアピールしながらも、「(資格があると)言うと失敗すると聞いた」と自信なさげな渡邊アナだったが、1問目の「換気」の読みを答えると自身から向かって右のカメラに向かってピースサイン。徐々にテンションが上がったのか、派手にガッツポーズをしながら上下に飛び跳ね、喜びを表現。そのたびに渡邊アナの胸がブルンブルンと震えていた。

この光景に、視聴者からは

《渡邊渚って人がネプリーグ出てて、跳ねてたら胸がもう上下に揺れてるのを見て俺は神秘を感じた》
《細いのに胸結構あるなー、噂には聞いてたけど》
《ネプリーグ観てるけど、渡邊渚ちゃんの胸、ピョンピョンしたらヤバかったw池田エライザ並みの柔らかそうな感じがw》
《渡邊渚の胸しか見てませんでした 正解するたびにブルンブルンしてて つい見てしまいました、すみません》
《胸が跳び跳ねる度にボインボインする》
《ガッツポーズのたびに胸が揺れる…うらやま》
《嫁が「コイツァ女も興奮するおっぱいのデカさや!ガハハ!」っていってて誉れがない》

など、興奮の声があがっていた。

今後、出番があるたびに話題になりそうな逸材の登場だ。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】