高畑裕太の『24時間テレビ』潰しに怒り「ケンカ売ってるのか?」

(C)Ollyy / Shutterstock 

女優・高畑淳子の息子で、俳優の高畑裕太が8月23日、自身のツイッターを通じて公式ホームページの開設を発表。本格的な芸能界復帰を見据えた行動に賛否が上がる中、ネット上では〝発表のタイミング〟に呆れ声が続出している。

高畑は2016年8月、映画の撮影のため群馬・前橋市内のビジネスホテルに宿泊。その際、フロント係として勤務していたAさんに性的暴行を加えたとして、強姦致傷の容疑で逮捕された。実刑判決が下ると予想されたが、示談成立で高畑は不起訴になり、釈放されている。

「表舞台から姿を消した高畑は、インドへ放浪の旅へ。帰国後は母の女優業の雑用を手伝いつつ、遺品整理のアルバイトなどをして、実家暮らしながら生計を立てていました。そして、もうこのまま芸能界引退かと思われた矢先、昨年に東京・下北沢の劇場で公演された舞台『さよなら西湖クン』に出演。その後は、バンドのMVや映像作品に出演するなど、細々と活躍を続けています」(芸能ライター)

高畑裕太の報告タイミングに疑問

そんな高畑は今回、公式ホームページに加え、ツイッターやインスタグラムなど各SNSを開設。《今は、こうして家族や、大切な友人とともに過ごしている毎日に感謝し、またゼロから舞台、映像、その他の文化芸術の存続、発展に努められるよう、自身の表現力の向上にまい進したいと思っております》と、意気込みを語っている。


しかし、この発表があった23日の午後6時半ごろといえば、テレビで毎年恒例のチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が放送されていた時間。これがネット上で疑問視されている。

「高畑は16年に、『24時間テレビ』内の単発ドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』に出演予定でした。しかし放送のわずか4日前に、先の事件で逮捕。急きょ、ジャニーズの『NEWS』小山慶一郎が代役として起用され、すべてのシーンを撮り直すという大騒動になったのです。それにもかかわらず、今回『24時間テレビ』とかぶせて自らの再始動を発表したことに、世間は呆れているようです」(芸能ライター)

実際にネット上では、

《24時間テレビに大損害与えたのに今日復帰かよ》
《24時間テレビ直前に消滅して 24時間テレビの日に復帰は草過ぎる》
《よりによって台無しにした24時間テレビの放送中ってタイミングなのがね》
《多大なる迷惑掛けたクセに、24時間テレビ放送時期に合わせるあたりケンカ売ってるのか、根回し済んでるのかのどっちやろか》
《数年後の24時間テレビ放送日に復帰するとか、諦めない心を体現してるつもりなのか?》

などと、義心のなさを批判する声が続出している。

果たして、何のつもりでこの日を選んだのだろうか…。

【画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】