上白石萌音“羞恥プレイ”で赤面!? まさかの仕事に「これは恥ずかしい」

(C)Tetiana Volkonska / Shutterstock 

女優で歌手の上白石萌音が、8月23日放送の『情熱大陸』(TBS系)に出演。自らの密着映像に〝自画自賛〟するナレーションを当て、視聴者から「羞恥プレイだ」などとツッコミの声が上がっている。

上白石は、2016年公開の劇場アニメ『君の名は。』でヒロインの声を演じ、今年1月放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で初主演を飾って大ブレーク。女優に、歌手に、声優に、引っ張りだこの日々を送っている。

今回、番組では「無敵の笑顔! 22歳の快進撃はどこまでも」と題し、上白石の素顔に密着。8月上演のミュージカル『ナイツ・テイル』の歌稽古では、透き通って伸びやかな歌声を披露する。スタッフから褒められて軽やかに笑いつつ、「最近これしか歌ってない」と入念に準備していたことを明かしていた。

「ミュージカルの出演者が集まった稽古では、4時間たっても彼女の出番が来ないまま終わろうとしていました。しかし、ダブル主演を務める『KinKi Kids』堂本光一と井上芳雄の計らいで、特別に歌う時間を与えてもらうことに。出演者やスタッフから、いかに愛されているかが垣間見えました」(芸能ライター)

自画自賛する上白石萌音にツッコミの声!

そんな上白石は今後の仕事について、「一個、理想だなと思うのは、ずーっとナレーションはやりたいんですよ。子ども産んでも、ブースの外で、赤ちゃん抱っこしておいてもらって…。それぐらい大事なんですよ、ナレーションの時間が」と熱い思いを告白。そこで番組は、今回の密着映像の終盤部分のナレーションを、上白石に依頼することに。

上白石は少し動揺しながらも、「ファンの年齢層が驚くほど幅広いこと、それもまた、上白石の特質だろう」「子どもたちを虜にする無敵の笑顔」「ここだけでの話、20代で結婚し、3人の子どもを持つのが夢だとか」「舞い込む仕事は次から次。でも、だからこそ上白石萌音は頑張るのだ」と読み上げる。スタッフからOKがでると、恥ずかしそうに笑いながらも、「このナレーションは一生忘れないな」と喜びをかみ締めるのだった。

用意された台本とはいえ、自画自賛した演出に対し、視聴者からは、

《シュールww》
《これは恥ずかしい 自画自賛してる感すごくて 笑わずには読めないなコレ》
《自分で自分のこと言うの笑う 萌音ちゃんだからできること》
《あえて萌音ちゃん本人にナレーションをお願いする情熱大陸のスタッフに金一封差し上げたい》
《自分のドキュメンタリーに、自分でナレーションつけるっていう羞恥プレイさせられている萌音ちゃんかわいい》

などと、ツッコミを入れる声が続出している。

このように取材対象がナレーションするのは、番組史上初のことだとか。これもまた〝快進撃〟の1つと数えていいだろう。

【画像】

Tetiana Volkonska / Shutterstock

【あわせて読みたい】