ムロツヨシ“20歳差”恋愛!?『親バカ青春白書』の超展開に「気持ち悪い…」

ムロツヨシ 

(C)まいじつ 

職権乱用のセクハラセリフ導入や、昏睡レイプ事件のコメディー化など、何かと視聴者を不快にさせていることで話題のドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。同ドラマの今後の展開が、またも視聴者の不快感を招いているようだ。

同作は、永野芽郁が演じる娘・さくらを心配するあまり、父親の〝ガタロー〟(ムロツヨシ)まで娘と同じ大学に通ってしまうコメディードラマ。監督は「なれ合いノリが寒い」などと一部のアンチから陰口されながらも、日本国民の笑顔に貢献しているコメディー界の鬼才・福田雄一氏が務めている。

〝喜劇王〟ムロの主演もあって、列島中は爆笑の渦…かと思いきや、最新8月23日放送の第4話が、視聴者から「現実離れし過ぎだ」などと呆れられているようなのだ。

同回のガタローは、さくらの友人・美咲(小野花梨)と同じカフェでバイトを始めることになったのだが、そこへ美咲の元カレが来店。ヤンキーの元カレは仕事中にもかかわらずしつこく迫り、怒った美咲が蹴りを浴びせても「美咲の蹴りは最高やん! 美咲が忘れられんと!」と譲らない。

すると、美咲は元カレを諦めさせるため、とっさに「今はこの人と付き合っとるんよ」「大学卒業したら結婚しようと思っとる」とガタローを彼氏だと宣言。元カレが叫びながら立ち去ると、美咲は「ありがとう」と横にいただけのガタローへ、ツンデレ風に感謝していた。

ムロツヨシが若い女子にモテる浮世離れ展開…

このくだりを見た多くの視聴者は、今後、美咲がガタローを本当に好きになる展開を予想。娘・友人・父親の仲間内で、笑いありのひと悶着を起こすのだと感じたようで、ネット上には、

《みさきちゃんも そりゃあ好きになっちゃうよね》
《美咲マジでガタローのこと好きに…?》
《ガタローのこと好きになった?笑》

などの感想が見られた。実際、番組公式サイトの次回あらすじには、美咲が元カレ騒動以降、ガタローとさくらの家に住むようになったこと、さくらが、やけに親しげなガタローと美咲の関係を気に掛けるとのストーリーが公開されている。

しかし、若い女性、しかも娘の友人が、ムロのような冴えない中年に恋をするという展開は「無理がある」と捉えられたよう。

《今回、脚本がヒド杉ませんか…》
《若い女の子がムロを好きになる作品多いけど、相手役美女ばっかりだし、いつも無理あるだろって気持ち悪く思う。顔面と見合ってないんだもん》
《いくらコメディーでも、ムロがモテるとか現実離れし過ぎ》
《横浜流星と浜辺美波みたいに、年齢含めた顔面レベルが釣り合ってる方が絶対いいよね。ほんま勘弁してほしい》
《福田は原作ありかパロディーじゃなきゃ駄目だね クドカンやら、三谷幸喜には全然及ばんわ》
《強制性交を擁護するオヤジなんて恐怖と怒りはあれど、好きになんてならんわ》

など、ネット上にはご都合主義の急展開に萎えた視聴者の声が続出した。

なお、今回の視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。前回が8.1%、前々回が8.5%だったことを考えると、固定ファンしか見ていない内輪ドラマになっているようだ。何でも称賛するファンしか見ていない閉鎖的な作品なら、慢心から超展開になるのも無理はないのかもしれない。

【あわせて読みたい】