田原俊彦の娘がAKB柏木由紀にソックリ!?「鼻が…いや何でもないw」

田原俊彦 

(C)まいじつ 

歌手・田原俊彦の長女で、女優として活躍している田原可南子が8月22日、自身のインスタグラムを更新。芸能事務所『TRUSTAR』への所属を発表したのだが、ネット民は彼女のルックスに注目したようだ。

田原は《このたび、TRUSTARへ所属することになりました》とあいさつ。《これを機に活動の幅を広げつつ、今まで通り自分らしく楽しく頑張っていきます。引き続き、よろしくお願いします プロフィルにリンク載せました! ファッションや美容のお仕事が増えたらいいな》などとつづり、今後の活動に意気込みを見せた。

今どきの〝ゆるふわヘア〟で微笑む田原を見たネット民からは、

《柏木由紀かと思った! 鼻が…いや何でもないw》
《ぱっと見は篠田麻里子かなと思ったけど。柏木由紀の要素が強かった》
《時折、篠田に見えそうで柏木にも見える》
《柏木由紀と、若いころの酒井若菜を足して2で割ったような顔してるわ》
《ソロで売れるかな? AKB系に入った方が望みがあったんじゃ…》

など、特に『AKB48』の柏木由紀に似ているという声が続出している。

“田原俊彦の娘”を隠していたけれど…

「どうやら田原可南子の鼻が特徴的だったことから、柏木を思い出す人が多かったようです。トシちゃんの面影もありますが、今どきのかわいらしい〝量産型女子〟といったところでしょうか。逆を言えば〝無個性〟と見られてしまうかもしれませんね。所属事務所を発表したことで、デビューしたばかりだと思った人も多いでしょうが、以前は〝綾乃美花〟という名前で活動。2011年には『ミスマガジン』の準グランプリを受賞しています。当初は〝田原の娘〟であることを隠していましたが、最終候補の15人に残った際に明らかになりました」(芸能記者)

その後、大学に進学したこともあり、学業に専念していたという田原。大学卒業を機に、本名の田原可南子へ改名して再出発を切っている。

「原宿でスカウトされて芸能界入り、田原俊彦の名前を隠して芸能活動を開始、というストーリーも結局、今となっては失敗でしたね。〝二世〟であることを隠したかったのでしょうが、本人の実力が伴っていなかったのですから当然でしょう。今後は二世タレントであることを隠すことなく、父親絡みの仕事を増やしていくつもりでしょう」(同・記者)

二世タレントに対する世間の目は厳しいが、トシちゃんのバックアップを受けてどこまで活躍できるか。今後の彼女の活躍に注目していきたい。

【あわせて読みたい】