浜崎あゆみ『FNS歌謡祭』の不自然カメラワークに疑問「本人の要望なの?」

浜崎あゆみ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

浜崎あゆみが8月26日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演し、2曲を披露した。視聴者は、浜崎を映すカメラワークが不自然だったと指摘。アップで撮影しないように指示したのではと想像していた。

浜崎は黒とピンクの奇抜な衣装で登場し、「Dreamed a Dream」と「You & Me」を披露。男女十数人のバックダンサーが踊る中、スタジオ後方からさっそうと姿を現し歌い始めた。


「NGと主張した?」「本人の要望かな」

歌唱中、浜崎が1人で歌う映像に切り替わる場面は皆無で、浜崎といずれかのバックダンサーが一緒のものばかり。また浜崎がステージ最前列に立つことはなく、浜崎より前にバックダンサーが立って踊る場面も目立った。

視聴者は、浜崎の顔がアップになる場面が一切なかったことに違和感を覚えたよう。カメラが〝引き〟だらけの映像を目にし、「顔をアップにしないよう浜崎サイドが要請しているのでは」などと疑う声もあった。

《浜崎あゆみってどんどん歌い方が誇張されてく アップが一度もなかったのは本人の要望なのかな》
《浜崎あゆみサイドが絶対アップNGと強く主張したんだろうな。とバレちゃう感じが何とも。。》
《シンプルに カメラが表情のアップを映してくれないのは何でだろう………と思う》
《コンディションが悪かったならお気の毒過ぎるけど、あそこまでメーク濃くなくて良い気がする》
《あゆの顔どないなっとんねん 全然顔がアップされないのは、わざとだな》
《浜崎あゆみは、照明を明るくしない条件とアップで映さない条件でも出しているのか》
《浜崎あゆみの顔をよく見たいなぁと思ってるのに絶対アップしないカメラワークに負けました》

浜崎の顔を拝めないとは、ファンの失望はいかばかりか…。

【あわせて読みたい】