『水ダウ』イジメ助長の企画に嫌悪感「テレビマンてバカしかいないのか」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

タレントのファーストサマーウイカが、8月26日に放送されたバラエティー番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に出演。悪臭が漂う中、歌を歌い切る〝プロ根性〟を見せた。

この日の番組では、人気企画「激クサの空気砲」を放送。かつてアイドルグループ『BiS』のメンバーとして活躍していたウイカは、リモート結婚式にサプライズ出演して歌のプレゼントを贈るというニセ番組に出演することになった。

「新婚さんを前に『Superfly』の『愛をこめて花束を』を歌い始めたウイカ。その抜群の歌唱力に感嘆の声が上がる中、ウイカに向かって何度も悪臭の空気砲が放たれました。しかし、ウイカは顔色1つ変えずに見事、完唱。VTRを見た浜田雅功は『こいつすごいな! ほんますごいわ』と感心しきりでした」(エンタメ誌記者)


「ただのイジメじゃねーか」の呆れ声も…

同番組終了後、自身のツイッターを更新したウイカは、

《今となればあの洗礼を受けられたのは光栄でしたが、翌日まで鼻の奥にニオい溜まってて地獄でした。ちなみに例えるなら真夏の密室にドブとウ◎コと魚介のゴミを放置したときのニオいです。TBS局のイベントあればこれの体験ルームあったら楽しそうです》

などと報告。ブチ切れることなく大人の対応を見せた。

これにネット上は「ウイカのプロ根性がすごい!」などと大反響を呼んだが、一方であまりにも幼稚な企画に対し、

《小学生が人前でおならするようなもんだろ。あまりにもくだらなくて途中からチャンネル変えたわ》
《これって、ウイカが涙目になるのをみんなが大笑いする目的だろ? ただのイジメじゃねーかよ》
《正直、こんなくだらないことをやっているからテレビ離れが加速してるんだろ。テレビマンてバカしかいないのか》
《空気砲めっちゃハマってるみたいだけど何か下品だし飽きてきたからもう新作いらない…》

など、呆れる声も上がっている。

8月5日放送の〝ドミノ企画〟では、お笑い芸人のクロちゃんが、同番組から誕生しメジャーデビューを果たしたアイドルグループ『豆柴の大群』のCDをドミノに見立てて並べることに挑戦。しかし、途中から手伝いに現れたスギちゃんとパンツェッタ・ジローラモの愛犬が大暴れして300枚ものCDを倒すハプニングが発生し、結局、罰としてCD271枚、計89万4300円を買い取る羽目となった。この際、あのクロちゃんに対してさえ「水ダウのイジメ回はマジで不快」「完全にクロちゃんに対するイジメだろ」など、同情の声が上がっていた。

毎回、攻めた企画が大好評の『水ダウ』だが、イジメを思わせる内容に嫌悪感を抱く視聴者も多かったようだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】