フジモンが“ディズニー恫喝疑惑”について初言及も「信憑性増した」の声!

藤本敏史  木下優樹菜 

(C)まいじつ 

木下優樹菜の〝タピオカ店恫喝事件〟が話題になったころ、ネット上ではもう1つ話題になった木下に関連した出来事があった。それは、ディズニーランドでの恫喝疑惑だ。あくまでネットユーザーの証言のみで証拠はないため、〝疑惑〟で留まっていたこの案件だが、何と、夫の『FUJIWARA』藤本敏史がついに重い口を開いた。

「この件については、『木下優樹菜 ディズニーランド』などと検索すると、ネット上で多くの書き込みを見ることができます。木下&藤本の元夫婦が、一般人に対してディズニーランドで恫喝を繰り返していたことを訴えるもので、例えば、この夫婦がいるところでスマホをイジっていると、勝手に盗撮されていると勘違いしてきて、『勝手に撮ってんじゃねーよ!』と暴言を吐かれたり、『消せよ!』と脅してきたり、などといった体験談がありますね。複数人が証言していることから、木下&藤本が、日常的に一般人を恫喝していたのではないかと疑われているのです」(芸能記者)

そんな中、『FUJIWARA』のYouTubeチャンネルで、8月22日に「ネットで囁かれる真相に迫る」という動画が投稿された。これは、ネット上で流れている藤本についてのウワサに対して、藤本本人が答えるという企画。「ディズニーシーの立ち見エリアで、座っていた藤本が『俺の前に立つな!』と暴言を吐いた」というウワサに言及した。

ディズニーに500回以上行ったと豪語していた藤本

藤本の言い分では、立ち見エリアと知らずに、前の客に「見えないので座ってもらえますか?」とお願いしたところ、「ここ立ち見エリアですよ」と返されたので、「あ、すいません」とすぐに引き下がったという。

次は、「ディズニーランドで、藤本の近くでスマホをイジっていたら、盗撮されていると勘違いし、勝手に画面をのぞき込まれて、『何もなかったらええわ』と謝罪もなしで終わった」というウワサ。これも藤本は呆れながら否定していた。

藤本の弁明にファンからは多くの安堵の声が上がったが、一方でこの動画のコメント欄には、

《藤本さんはディズニー大好き芸人だというふうにアピールされていたので、当然ショーの立ち見エリアぐらい分かっていらっしゃるものだと。知らないってにわかなの?って思ってしまいました。元奥さんと藤本さんをTDRでお見掛けしたことがありますが、かなり高圧的な態度を取られていたのが衝撃的でした。こうしたウワサが出ていてもさもありなんと思ってしまうのが正直なところです》

などといった証言が書き込まれている。また、ネット掲示板でも、

《立ち見エリアで座ってくれと言ったのが事実だと知ったら、逆に夫婦でオラついてた疑惑の信ぴょう性が不思議と増してしまったw》
《子供でも立ち見エリア分かるぞ! 知らなかったとか草》
《ディズニーマニア風だったのに知らなかったの?》

など、逆に疑いが増したような感じになっていた。

2017年時点で、ディズニーに500回以上行ったと豪語していた藤本。疑惑を晴らすのは、そう簡単ではなさそうだ。

【あわせて読みたい】