51歳・森高千里“ナマ脚”全開のミニ丈衣装に賛嘆!「これは魔術の世界」

〝奇跡の51歳〟こと歌手の森高千里が、8月26日に放送された『2020 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)に出演。年齢を感じさせないショートパンツ姿に、視聴者からはうっとりする声が殺到している。

新型コロナウイルスの影響で、初の無観客ライブとなった同番組。森高は「今頑張っている中高生に伝えたい名曲」として、1991年発売のシングル『ファイト!!』と、94年発売のシングル『気分爽快』の2曲を披露した。

衣装は、白地に黒のストライプ模様が入ったセットアップのパンツで、圧巻のショート丈。7センチはあろうかというヒール高のショートブーツにはチェーンが付き、髪型はサイドを編み込み、アクセサリーはシルバー系で統一と、ロックな雰囲気も出しつつ、歌唱中は時折〝ぴょこぴょこ〟飛び跳ねるなど元気いっぱいの歌唱となった。

永遠に来なさそうな『私がオバさんになっても』

相変わらずの美声もさることながら、最も注目を集めたのが、ほっそりした美脚と、とても50代には見えない美貌。視聴者からは、

《森高千里が若過ぎる。。 あれで51歳なんて。。》
《脚キレイ過ぎる…これで51歳。オバさんにならないなぁ笑》
《純粋にスゴい。魔術の世界…。》
《そろそろサイボーグ説出てきそう 時が止まり過ぎ》
《FNS歌謡祭で森高千里を見てた娘 「このお姉さんかわいいー」すげーな51歳》
《森高千里さん51歳、優勝です》

などと、驚きの声が多く上がっている。

「昨年1月から開催された自身の全国ツアーでも、今年3月に出演した歌番組『うたコン』(NHK)でも、攻めたミニスカート姿を披露している森高。一方、プライベートでは、夫婦で黒の革ジャンでおソロコーデを楽しむなど、ご自慢のスタイルでさまざまなファッションを楽しんでいるようです」(芸能ライター)

名曲『私がオバさんになっても』では、《私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ》と歌っている。森高が〝オバさん〟になって〝若い子に負ける〟日は、ややもすれば永遠に来なさそうだ。

【画像】

grafvision / Shutterstoc

【あわせて読みたい】