多部未華子“過去エロ映像”衝撃!『ナギサさん』からの新規ファン大歓喜!

多部未華子 

(C)まいじつ 

主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で演じている〝恋に不器用なアラサー独身女性〟相原メイ役が好評を博している女優の多部未華子。彼女はもともと〝ブサカワ〟(ブサイクなのにカワイイ)と呼ばれて親しまれている個性派だが、何と言っても、その等身大のキュートさが魅力だ。

「今回の『ナギサさん』で、あらためて多部のかわいさがクローズアップされ、新たなファンも増えているようです。それとともに、実際にもう31歳という年齢だけあって、大人の魅力も十分に醸し出していますね」(テレビ雑誌ライター)

今、ネット上では、そんな彼女が2015年に主演した映画『ピース オブ ケイク』で演じたセクシー濡れ場シーンが出回り、新たにファンになった層を含めて歓喜の声が巻き起こっているという。

「同映画の多部のエロスシーンは、まさに芸術的と言っていい。ベッドに押し倒され、小さなオッパイを揉みしだかれ、左右の膨らみに顔をうずめられる多部…。セクシーさとは縁遠い印象の彼女ですが、さすがは売れっ子女優。今、あらためて彼女の〝その魅力〟を世に知らしめんと、新たな写真集出版の情報が持ち上がっているようです」(エンタメ誌記者)

『ナギサさん』の視聴率は絶好調!

もしも多部が最新セクシー写真集を出せば、世の〝美微乳ファン〟が爆買いすること間違いなしだろう。

「もともと個性派美人で評判でしたが、最近ますますキレイになったとの声しきり。特徴ある美貌で存在感が増し、このごろは〝ブサカワの星〟と呼ばれるほど。彼女自身、その呼ばれ方を気に入っているようですね」(芸能ライター)

ドラマ『ナギサさん』はいよいよ最終回直前だが、視聴率は絶好調。回を重ねるごとに上がり続け、8月25日放送の第8話では世帯平均16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。全話平均でも15%の大台に到達する勢いだ。

「ドラマは〝ハーフトフルコメディー〟をキャッチに、仕事もあり、恋愛もあるが、ほのぼのとした人間関係が売り物。だからこそ、飛び抜けた美人ではない多部の魅力が生きているのだと思います」(テレビ雑誌編集者)

今、芸能界は密かな美微乳ブームといわれている。多部はもう10年以上も写真集を出していない。彼女は昨年、年上の写真家と結婚しているが、ダンナさんに撮ってもらうというのも大いにアリだろう。期待したい。

【あわせて読みたい】