王様のブランチに『Fate』ファン激怒「忠実に放送してくれませんか?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

8月29日の『王様のブランチ』(TBS系)では、番組恒例であった〝映画ランキング〟のコーナーが、なぜか放送されなかったという。これに対して、一部の視聴層から怒りや悲しみの声が上がっている。

同番組でお馴染みの「映画動員数ランキング」。しかし、この日は特に説明もなく同コーナーがなかったのだ。するとこれに対してネット上では、

《2週連続『Fate』が1位だから王様のブランチ、ランキング省いたのかな》
《もしかして『ブランチ』で映画ランキングやらないのって、アニメ映画が上位にランクインしているからかな? 変に疑っちゃう》
《きっと2週連続で『Fate』が1位だからランキング放送しないんですね。悲しい》
《アニメ映画が上位にくるのが不快なら、実写映画ランキングにすればいいと思う》
《Fateを特集してくれると楽しみにしてたのに、映画ランキング自体消されてた…。あからさまにオタク向け映画が多い週だけ映画ランキング無しにするのちょっとどうかと思うんですが。ちゃんとそういう結果も、忠実に毎週ランキングを放送してくれませんかね?》

など、意図的に放送しなかったのではないか、と考察する視聴者が続出している。

恒例のコーナーがカットされた理由とは?

ちなみに前週の同コーナーでは、8月15日公開の劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]III.spring song』が初登場で1位にランクイン。作中の映像つきで紹介されていた。また2位に『ドラえもん のび太の新恐竜』、3位に『今日から俺は!! 劇場版』が続き、アニメや漫画原作の映画がランキング上位の大半を占めている。


「アニメファンは、映画ランキングが放送されなかった理由を〝番組がアニメ映画ばかり上位にランクインするのを嫌がった〟と考察していました。しかし、『ランキングに大きな変動がなかった』『他にやりたい企画があった』など、別の要因があったと考えるのが自然でしょうね」(芸能ライター)

現在はコロナ禍ということもあり、新作映画のスケジュールが予定通り進んでいない状況にある。実際に大手の映画館では、昔の名作映画を復刻上映しているところも少なくない。

アニメ映画が原因かは不明だが、意図した形で映画ランキングを作れなかったため放送を見送ったというのは、今の状況なら十分にあり得ることだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】