『逃走中』ハンターマスクが品薄に!「超欲しい」「商魂たくましい」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

8月30日放送の『逃走中』(フジテレビ系)で、ハンターが着用していた〝ハンターマスク〟が話題になっている。

〝逃走者〟となった出演者たちが〝ハンター〟から制限時間一杯逃げ続けることができるかを競う同番組。今回の放送では、東京・お台場にある商業施設『パレットタウン』を舞台に、20名の出演者たちが挑戦し、お笑いコンビ『EXIT』の兼近大樹が見事逃げ切り、賞金117万円を獲得した。

そんな中、視聴者が注目したのが、ハンターが着用していた黒マスク、通称〝ハンターマスク〟だ。逃走中のハンターといえば、黒のスーツとサングラスが定番スタイル。しかし、コロナ禍の中での撮影とあって、さらにマスクの着用が義務付けられたようだ。

『逃走中』のハンターマスクが大人気に!

マスクをしながらも屋内外を全速力で走るハンターを見た視聴者からは、

《ハンターマスク超欲しいわ!》
《ランニングしてるから、ハンターマスク普通に欲しいなぁ》
《逃走中見てたら、ハンターマスクがマジ欲しくなってきた》
《『逃走中』大ファンの末っ子が、ハンターマスクを欲しがってる…》
《ハンターマスク、効果は知らんが感染防止予防方法としては効果の高そうな構造と見た目してるな》

などの声が上がっている。

「ハンターマスクは、ハンターを操る企業〝クロノス社〟が販売するマスクだとアナウンスされています。『フジテレビe!ショップ』で販売されており、価格は大人用・フィルター1枚入りで2860円(税込)、フィルター5枚入りで3850円(税込)。少し高価なように思えますが、視聴者がこぞって購入したためか、一時は品切れになっていました。現在、在庫は復活しているようですが、注文が殺到しているのか、発送は10月上旬以降になるようですね。番組のツイッターは、《逃走中ハンターマスクがクロノス社から届きました》とコメントするなど、世界観を崩さない姿勢はさすが。番組をうまく使った商品戦略ですが、一部の視聴者からは《商魂たくましい》《何でもハンターつけたらいいってもんじゃない》などといった声も上がっていました」(芸能記者)


新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今や外出時にマスクをすることは必須。全速力で走っても息切れしないハンターマスクの効力に、視聴者の注目が集まったのも当然かもしれない。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】