クロちゃんが大仁田厚に激怒!“共演NG”を突きつけるも無視される

クロちゃん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

お笑いトリオ『安田大サーカス』のクロちゃんに〝共演NG〟の相手が生まれたと話題になっている。

クロちゃんは、8月27日に『としまえん』で行われた『DDTプロレスリング』の路上プロレスに出場。メインイベントの〝電流爆破デスマッチ〟で、特別立会人を務めた。

しかし、いつの間にか試合に参加。最終的に、大仁田厚が電流爆破バットをフルスイングし、完全KOで3カウントを奪われることに。試合後、控え室に戻るとクロちゃんは「(大仁田は)頭おかしいですよ!」と怒りを爆発させた。

「大仁田厚、それでいいのかって思っちゃったけどね。僕なんかレスラーでも何でもない芸能人、一般人ですよ。そんな相手に爆破バット直撃ってヤバいやつでしょ、完全に。それで勝って満足なんですかって」とコメントしたクロちゃん。シングルマッチへの期待も高まったが、「いや闘わない! というかもう絡まない! 大仁田厚は共演NG! もう無理! 人の話一つも聞かないし。何で試合出なきゃいけないのか、いまだに意味が分からない」と共演NGを突きつけた。

クロちゃん不在のままシングルマッチの流れに!?

さらに、自身のツイッターへは《大仁田厚はNGだしん!! グラドルレスラーは全員やっつけてやるしん! 膝舐め以外の新しい必殺技も作成中だしんからねー♪》と投稿。あらためて大仁田が共演NGだと明かし、グラドルとの戦いに思いを馳せた。


しかし、フォロワーからは、

《大仁田さんの膝を舐めさせてもらえ!!》
《クロちゃんにそんな決定権はないから》
《大仁田さんに愛の告白っすね》
《まずは大仁田さんと対戦するのが礼儀というものでしょ》
《次は大仁田厚さんと電流爆破有刺鉄線蛍光灯デスマッチです。リングの下は画鋲です》

など、大仁田との対戦を望む声が圧倒的だ。

試合を主催した『DDTプロレス』の高木三四郎はツイッターに《次は火薬量5倍の電流爆破を用意しておこう。。。》と投稿。対戦に向けてノリノリなようだ。さらに大仁田も《高木さん クロちゃんをまた電流爆破に上げようぜ》と再戦を希望している。

この希望を受けた高木は《了解です! すごいの用意しておきます! 10月くらいですかね。電流爆破の秋》と対戦に向けて動き出すと宣言した。どうやらクロちゃんの共演NGは、完全に無視されることになりそうだ。

【あわせて読みたい】