宮根誠司“嫌われすぎて好評価”の珍現象発生!「感じ悪すぎてオモロイ」

(C)まいじつ

〝嫌いなキャスター〟の上位常連であるフリーアナウンサー・宮根誠司が、8月31日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)2時間SPに出演。再現VTRがあまりのハマリ役だったため、ウザ過ぎて好評を得るという逆転現象を引き起こした。

宮根が出演したのは、笹野高史が演じる番組の名物キャラ「スカッとばあちゃん」の再現VTR。宮根は、一見すると人当たりがいいが、実は裏の顔がある〝居酒屋の最低店長〟を演じた。

宮根がいい顔をするのは、金を持っていそうな客と、SNS等へのアップで店の評判に繋がりそうな客の2種類のみ。前者には「カバンお持ちしますやん! 何なら僕があたためましょか?」「魚も『早く社長に食べてほしい』ってピチピチ踊ってますわぁ」と太鼓持ちをし、後者には「この店のこと、ネットでええように書いといてやぁ♪」と異常なほど気さくにへりくだっていく。

しかし、普通の客には「え? どこ?」「カウンター全部予約席やねん。あのいっちばーん奥やったら空いてますけど」など、異常に嫌味な態度。店員にも「あの客、テキトーに対応しといて」と指示し、「今のは流石に感じが悪いかと…」と言い返されると、「はぁ? 人聞きの悪いこと言わんといてくれるか?」「客によってボールとストライクを見極めんねん」など、巻き舌で高圧的な屁理屈を述べていく。


嫌われキャスターなら俳優転身もアリか

最終的には、笹野演じるスカッとばあちゃんにより、客によって態度を変える差別的な対応を改めることとなった宮根。演技とは思えないほどリアルな怪演に、スタジオでは宮根がハマリ役だったという話題が上がっていった。

視聴者も同じことを感じたようで、ネット上にも

《今のスカッとジャパン見てるけど、宮根誠司役にあってるね!》
《宮根誠司、感じ悪すぎてオモロイ。素でやってんじゃね?(笑)》
《お昼のニュース番組の嫌な感じが全面に出てると思うよ! ニュース番組は辞めて、この番組の専属悪役モデルやればいいのにwww》
《宮根なら『嫌われ役』なんてわざわざするまでもないよな》

など、方向性はさておき、宮根の演技に称賛が続出。日頃の嫌味な態度や嫌われキャラが、演技の評価に繋がるという珍現象を起こした。

意外な才能を見せつけた宮根。好感度が重要な本業で嫌われているのなら、いっそ俳優に転身しても良さそうだ。

【あわせて読みたい】