宮迫博之と愛車がソックリ!?「イキってるけどちょいダサい」

宮迫博之 

(C)まいじつ 

『雨上がり決死隊』の宮迫博之が8月27日、自身のYouTubeチャンネルで愛車を公開。こだわりのポイントなどを紹介した。

サングラスをかけ、ドヤ顔で登場した宮迫は、「決して車大好き男子ではない」としながらも、スーパーカー世代で、ガルウィングにこだわっていることを明かす。

そして「(横に)開くこの感じで、ガルウイングタイプの車にどうしても乗りたいってことで、そこが一番のこだわりです」と購入した動機を説明。また、購入後数年が経っているにもかかわらず、自宅に帰ってきて車を見る度に「やっぱカッコええな~」と口に出しているといい、愛車にぞっこんの様子をみせた。



宮迫博之と愛車がピッタリすぎる!

「宮迫の愛車の『BMW・i8』は、プラグインハイブリッド方式のスポーツカーで、車両価格は2100万円超。見た目は大排気量スポーツカーにみえますが、エンジンは1.5リットルの直列3気筒ガソリンターボとモーターの組み合わせで、普通の乗用車のように気軽に運転できるのが特徴です。アクセルを開けると、合成された6気筒風の電子エンジン音が室内のスピーカーから流れ、また、車体下に設置されたスピーカーからも周囲の人に聞こえるように、エンジン音を発する仕掛けがついています。日本での人気はあまり高くありませんが、世界では最も売れているハイブリッド・スポーツカーとして知られています」(モータージャーナリスト)

彼の愛車を見た人たちからは、

《宮迫イキってるなw でも車はマジでかっちょええわ》
《ファッションがダサくて、語れるほど車に詳しくないのが宮迫らしくてワラタ。超お似合いの愛車じゃねーか》
《車に詳しくないから、このくらいざっくりしたダサい説明のほうが楽しい。見た目超ド級のスポーツカーかと思いきや、1.5リッターしかないというのも宮迫っぽい》
《ランボルギーニくらいなら余裕で買えるだろうに。あえてBMWっていうのもブランディングのうまさだな》
《イキってるけどちょいダサい宮迫さんが好きです》

など、大反響を呼んでいる。

闇営業などなかったかのようなイキりぶりを見せている宮迫。時折見せるハニカミ笑いは、愛車と同じ様に、1.5リッター並みの気の小ささを表していたようだ。

【あわせて読みたい】