『ヒルナンデス』藤田ニコルのファッションコーデが大不評「おかしいだろ」

藤田ニコル 

(C)まいじつ 

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)月曜レギュラーとしてファッションコーナーを担当しているものの、そのコーディネートが「ダサい」とたびたび賛否を巻き起こしている藤田ニコル。8月31日の放送でも、そのセンスに視聴者から疑問が寄せられてしまった。

ニコルが担当しているのは、ファッションの悩みを抱える芸能人をコーディネートし、おしゃれに変身させる「にこるん隊長のファッションレスキュー」のコーナー。この日は、ブレーク中の若手お笑いコンビ『納言』の薄幸を変身させた。

酒飲みキャラで知られる薄は、革ジャンにジーンズというワイルドな格好が固定衣装。しかし、この日は「両親をちょっといいレストランに連れて行ってあげたい」と依頼し、ニコルは普段の印象とは真逆の〝上品コーデ〟を行うことになった。

「色物を入れたい」と考案したニコルは、まずピスタチオカラーの派手なロングスカートをチョイス。黒やグレーが多い薄とは真逆の服をさっそく手にし、モデルらしいハイセンスを見せつける。続いて選んだのは、メッシュのようにわざと粗く編み込まれ、インナーが透けて見えるようになっているノースリーブニット。腕を出すことで、大人の色気を演出する狙いがあるのだという。

ラフなサンダルに疑問が噴出…

普段の革ジャンから連想したのか、カバンにはロックテイストも漂う黒いものをチョイス。靴は「頑張りすぎ」ていないラフめのサンダルを選び、ついに全身がお披露目されることとなる。

しかし、ネット上には、完成されたコーディネートを見た視聴者から疑問が殺到。特に、あえてヒールではなくラフなサンダルを選んだ評判が悪く、

《え…このコーデでレストランとか絶対行きたくないし行けない…》
《レストラン行くんだよね? TPOって言葉知らないのかな?》
《お上品コーデって言ったらサンダルはおかしいだろう》
《完全に歩いて近所の食堂に行くコーデ》
《いやいやそのサンダルはないわ、上品コーデちゃうやん》

といった指摘を浴びてしまった。

これまでにも、そのセンスに疑問を投げかけるような放送が続いてきた同コーナー。このままでは、本業のモデルに関するニコルの信用問題になりかねない。

【あわせて読みたい】