最終回『ナギサさん』多部未華子の“すっぴんお風呂”に「度肝抜かれた!」

多部未華子 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月1日、多部未華子主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第9話・最終回が放送された。この回では、ラストを飾るにふさわしい(?)多部の〝すっぴんラッシュ〟が起こり、ネット上では称賛の声が上がっている。

同作は、仕事はできるものの家事と恋は不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部)が主人公。ある日、妹の福田唯(趣里)が、誕生日プレゼントとしておじさんスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ってきたことから、メイとナギサの奇妙な関係が始まっていくハートフルラブコメディーだ。

第9話でメイは、ナギサに突然のプロポーズ。困惑しながらもその提案を受け入れたナギサとの、4日間のトライアル結婚生活がスタートする。

1日目は甘い新婚生活を楽しむメイだが、日を追うごとにナギサに異変が。そして3日目に、ナギサは「結婚の話はなかったことにさせてください」と置き手紙を残し、突如、姿を消してしまった。というのも、人間ドッグを受けたことで、20歳の差があるメイと結婚したら、いつか介護など負担を背負わせてしまうのではないかと考えたからだ。

しかしメイは、そうなったらいっぱい稼いで介護士を雇うと宣言。強気のメイを見てナギサは肩の荷が下りたのか、あらためて結婚を誓うのだった。

「すっぴん多部未華子 サービス良過ぎ」

ハッピーエンドで終えた同作だが、最終回では多部の〝すっぴん〟が話題に。お風呂、お風呂上り、就寝前、寝起きなどのシーンで、多部は頻繁にすっぴんのような姿をさらしていた。これに視聴者から、

《ちょっと多部ちゃんのすっぴん最強じゃないか? 雷に打たれたわ》
《多部ちゃんが限りなくすっぴんに近そうなメークなのがいい。どのドラマもすっぴんじゃないだろ!ってメークでお風呂から出てきたりするから》
《何より多部ちゃんのすっぴんシーンがちゃんとすっぴんで度肝抜かれたかも。 なかなか他のドラマにないと思う》
《多部未華子ちゃん、ちゃんとスッピン顔になるのが良い》
《またすっぴん多部未華子 サービス良過ぎだろ 何か懐かしい気がする》

など、多部の女優魂を称賛する声が上がっている。

すっぴんNGの女性有名人が多いだけに、多部の評価はさらにグンとアップしたようだ。

【あわせて読みたい】