カズレーザーが石破茂議員をディス!「すごいイジワル」「直球ど真ん中」

カズレーザー 

(C)まいじつ 

9月1日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーが、自民党の石破茂議員を皮肉った。

この日、番組は事実上の次期首相レースである自民党総裁選の話題を長時間にわたって報じていた。党員投票を伴わない両院議員総会で行うことが決まった総裁選だが、同放送時点では公式に決定しておらず、「党員投票なしが〝濃厚〟」という段階。しかし、議員のみで選出する方式は党内外から反発が強く、コメンテーターの国際政治学者・三浦瑠麗氏も「オープンにやるのが一番スッキリすると思う」と指摘する。

俳優の山下真司も、世論調査では石破議員が人気トップだと記したパネルに触れつつ、「(党員投票で)ハッキリさせた方がいいんじゃないですか?(石破議員が)人気投票ではナンバーワン」とコメント。しかし、政治評論家の柿崎明二氏は「部分的には」としながらも、優勢が伝えられる菅義偉官房長官へ勝ち馬に乗る党員の流れが起きていると明かす。

伊藤利尋アナウンサーは「だとしたら、ドーンと(党員投票を)やった方が、変な臆測も生まないのでは」と発言。すると、ここでカズが、石破議員を小馬鹿にしたようなコメントを残した。

石破人気は“神話”だと皮肉?

カズは「それだったらやっぱりクローズでやって、石破さん負けて『いや、オープンだったら勝ってた』という逃げ道を作ってあげるのが優しいんじゃないですかね」と指摘。党員投票で敗北を突き付けられるよりも、両院総会で負けた方が〝石破人気神話〟維持につながり、メンツが保たれるとの見解を示したのだ。

三浦氏は「すっごいイジワル…(笑)」と苦笑し、ネット上には、

《多分、カズレーザーさん裏側大体把握した上で発言してるかもね。三浦氏も分かってるから意地悪と苦笑い》
《カズレーサーさん直球ど真ん中過ぎて素敵(笑)。そこらへんの自称コメンテーターなんかよりずっと本質を見抜いている》
《芸人さんてやっぱり頭良い人が多い》
《馬鹿かそういうのが政治を駄目にするんだよ 必要なのは公平性と透明性だ》
《アホを演じられる人ほど賢いという芸能人の法則》

など、さまざまな声が。とりわけ、反石破派には〝正論〟に映ったようだ。

「派閥力学で決まるよりは党員投票があった方がいいですが、総裁選は一政党のボスを決める内輪のレースにすぎません。党員さえ参加すれば民意が反映されるかのようにいわれていますが、そもそも党員なんて平たく言えば自民党ファンクラブの人。自民支持者の民意と広い国民の民意には、少なからず違いが生じるでしょう。『AKB48』ファンの内輪投票では前田敦子や指原莉乃が1位でしたが、一般には篠田麻里子や小嶋陽菜の方が『かわいい』と人気があったのと同じことです」(週刊誌記者)

来春に終了がウワサされている「とくダネ!」。新番組の〝総理〟たる新MCレースは、視聴者の溜飲を下げるカズが一歩リードか!?

【あわせて読みたい】