カズレーザー本命予想も… 総裁選顔負け『とくダネ!』後継MC争い勃発中!?

カズレーザー 

(C)まいじつ 

いまだ公式な発表がないものの、『週刊文春』の二度にわたるスクープにより、来春打ち切りが〝公然の秘密〟となりつつある『とくダネ!』(フジテレビ系)。各マスコミでは、早くも〝後継番組〟キャスターの予想レースが始まっている。

「次期MC予想には、ヒロミや『関ジャニ∞』村上信五など、複数の名前が挙がっています。中でも各メディアで本命と目されているのは、現在もレギュラーを務めている『メイプル超合金』のカズレーザーですね」(週刊誌記者)

当のカズ本人も、9月1日に配信された『週刊女性PRIME』の記事内で、単独インタビューに応じている。そこでは、「何も知らないんですよ。番組が終わるのかも知らないんです。何も教えてもらえてないので」と〝番組終了〟は白紙だとしながらも、就任がウワサされる次期MCに関しては「そうなれば、メッチャうれしいですよ!」「カッコいいじゃないですか。朝番組の司会って」と前向きな様子だった。

「カズはハッキリとモノを言う姿勢から視聴者ウケがいい。つい先日にも、自民党総裁選における石破茂議員の立場を皮肉り、〝アンチ石破〟なネット民から喝采を受けたばかりです。また、『桜を見る会』に出席するほど自民党政権と蜜月なため、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のようにトラブルとなる心配もない。局側が萎縮せずのびのびと番組製作できる〝弾除け〟の役割も果たせるので、各メディアが本命と見るのも無理はありません」(前出の週刊誌記者)

カギを握る“2人のドン”

まるで、菅義偉官房長官が〝当選確実〟の情勢となっている自民党総裁選のように、〝カズで決定〟という空気感が漂う次期MCレース。実際のところ、水面下ではどのような人選が進んでいるのだろうか?

「カギを握るのは、何と言っても現在のドンである小倉智昭。親分肌の彼はスタッフの信頼が厚く、結局は病気で流れましたが、フジ側も当初は彼の指名する笠井信輔を後継に据えようとしましたからね。カズがこれだけ推されているのも、同じ番組に出演するうち、小倉が〝禅譲〟を意識するようになったからでは」(テレビ雑誌編集者)

一方では〝女性のドン〟の名前も…。

「長寿番組であればあるほど、後番組をいきなり安定させるのはとても困難。おそらくフジは『バイキング』のように、日替わりMCで番組を始めてから、人気の出た曜日のMCを固定化しようと考えている説もある。カズはその1人であり、同じく『とくダネ!』の古市憲寿氏や、こちらも終了する『グッディ!』のカンニング竹山といった面々で回していく案もあるでしょう。そうなると、どこかの曜日に安藤優子が紛れ込む可能性も…。彼女は需要がないにもかかわらず、フジの平日5日間に33年間も出続けているモンスターですから、少し無茶な要求は通ってしまうのです」(フジテレビ関係者)

ドン、禅譲、後継指名… どうやら新キャスターの座を巡っては、現実の政治顔負けの駆け引きが繰り広げられているようだ。

【あわせて読みたい】