花田優一がバンクシーを痛烈批判!「俺のマネ」「キリストはルール違反」

花田優一 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

元貴乃花親方の長男で、靴職人兼タレントの花田優一が、8月29日放送の『伯山カレンの反省だ』(テレビ朝日系)にゲスト出演。番組MCの神田伯山とともに、世界的画家の展覧会を訪れたが、数々の〝問題発言〟が現場の空気を微妙にさせてしまったようだ。

同番組は、伯山がロケに行き、その様子を滝沢カレンとともにスタジオで見返し、自身のロケ中の振る舞いを反省するというもの。今回、伯山が訪れたのは、イギリスを拠点に活動する覆面画家・バンクシーの展覧会『バンクシー展 天才か反逆者か』。画家としても活動する花田の解説のもと、その世界観をたっぷりと味わい尽くすことになった。

バンクシーといえば、無断で街中や電車の壁に作品を描くなど、独特な表現方法でおなじみ。しかし花田から言わせれば、「壁に文字書くのは俺のマネをしてる」とのことで、スタジオの滝沢は「何てこと言っているの… ビックリしちゃいますよ」と、軽率な発言に苦笑いを浮かべる。

花田優一のイタいキャラは狙わないとできない?

また、現代のクリスマスを皮肉るメッセージが込められた、大量のショッピングバッグをイエス・キリストがぶら下げている作品に対し、花田は「イエス・キリスト使っちゃうとルール違反感ある」と酷評。伯山からすかさず、「お前が『貴乃花』使うのとルール違反感は同じ」とツッコまれる一幕もあった。

「終盤、番組の悪ノリで花田がキャンバスに〝バンクシーっぽい〟絵を描くことに。完成したのは、靴のイラストの上に〝赤い×印〟と〝MAKE F●●king JAPAN〟という英字が書かれたものでした。英文に込められた意味は、『靴を作れば作るほど、日本が俺を責めてくる。たたく奴ふざけんな』だそうですが、これには伯山も『これ、また炎上するね』と、呆れた表情を浮かべていましたね」(テレビ雑誌ライター)

あくまでテレビ的ノリではあったものの、数々の〝イタい発言〟で、終始にわたってバンクシーを軽んじ続けた花田に対し、ネット上では、

《勘違いもここまできたら大したもんだ》
《とうとう壊れたwww》
《痛芸で稼ぐ芸風にジョブチェンジ?》
《だんだん笑えない領域に入っていくパターンだぞ…》
《こうして炎上職人になれるんだな。ユーチュバー参戦や。応援するで》

などと、心配する声が多く上がっている。

昨年11月に開設したYouTubeチャンネルは、約半年で辞めてしまった花田。今度の〝炎上キャラ〟は、もう少し長く続くことを願うばかりだ。

【あわせて読みたい】