『ボンビーガール』名物“お尻ドアップ”に賛否「見えた!」「いかんでしょw」

(C)nudethaimodel / Shutterstock 

9月1日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に、視聴者から賛否の声が寄せられている。

問題のコーナーは、夢のため地方から上京する女性の部屋探しを手伝う『上京ガール』。この日は、福岡の温泉街から上京したというモデル志望の21歳が、山手線沿線で部屋探しを行う模様に密着した。

「部屋探しという特性上、同コーナーはバスタブに入って広さを確かめたり、トイレに座ったりする行為を伴います。しかし当然ながら、これらは入浴や排泄を連想させるもの。実際、足を曲げてバスタブに入ったことで〝チラ見え〟しそうになる場面は多く、『その映し方である必要があるか?』と思うようなシーンはしばしばです。さらに定番となっているのは、ロフトや階段を上がる女性を、1~2段下から見上げるように捉えた〝お尻どアップ〟のカメラアングル。こうした〝エロ目的〟からか、某掲示板の実況スレは、毎回なかなかの速度で伸びている他、『えちえちボンビーガール』などと、いやらしい目線で見る専門のスレッドも立っています」(テレビ雑誌ライター)

相変わらずのエロアングル…

この日の部屋探しでも、女性が2軒目の物件を内見した際、カメラは階段を上がっていく様子を後ろからバッチリ記録。不可抗力だという側面はあるものの、女性のヒップが目線の位置に来るようなカメラアングルだった。丸みのあるシルエットは、階段を上がるごとに強調され、心なしか下着のラインも透けたように見える。

階段が急な最後の物件でも、見上げた位置にヒップが来るようなアングルで女性を捉えるカメラ。相変わらずの〝偶然を装ったエロ演出〟に、ネット上には、

《パンティーライン見えた!》
《アングルいかんでしょwww》
《ボンビーガールは、いつも階段やらロフト上がる場面をローアングルの接写気味で攻めるよね》
《階段登るときのケツが…》
《ボンビーガールっておっさん向け狙ったカメラアングルするなぁ》
《お尻がエッチ過ぎる》

など、賛否両論が巻き起こっていった。

さまざまな意見があるものの、名物となっている以上、これからも続いていきそうだ。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】