一発屋芸人“ジョイマン”がトレンド入り! 不名誉な勲章で注目を集める

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock 

9月2日に放送された『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)がキッカケで、とある〝一発屋お笑いコンビ〟がツイッターのトレンド入りを果たしたようだ。この話題に本人も反応を示し、ネット上でお祭り騒ぎになっている。

この日の番組では、過去30年の歴史の中から問題が出題される「タイムマシンQ」が行われた。『くりぃむしちゅー』の有田哲平チームと、石原良純チームに別れ、各チームの7名が一人ずつクイズに挑戦。不正解すると脱落となり、残った人数で全問正解を目指していくといった過酷なクイズだ。

石原チームの挑戦が始まり、2019年から1年ずつ遡ってクイズが出題される。途中で2名ほどが脱落したものの、彼らは順調に2008年の問題まで辿り着いた。しかし2008年の問題で、石原チームに悲劇が…。

写真と共に「ラップ調のリズムネタで大ブレーク『?』マン」という問題が出題され、石原をはじめチームメンバーの長嶋一茂、高畑淳子の3人が答えられずに脱落。連続不正解となったため問題が変わってしまい、お笑いコンビ『ジョイマン』との回答が知らされる。誰にも答えて貰えなかったジョイマンに変わって、上田晋也は「相当へこんでるんだろうな」と心境を代弁していた。

クイズがダメでもツイッターでは大人気!?

そんな悲しい扱いをされてしまったジョイマンだが、視聴者は〝脱落者〟を3人も出した彼らに大興奮。ネット上には、

《誰も答えられないジョイマン無双www》
《ジョイマン答えられなくてかわいそうに…》
《いないところでダメージを受けるジョイマン》
《ジョイマンさんで三人も切り落とした!》
《ジョイマン思い出せないなんて『嘘だ』と感じていました》
《ジョイマン今でもおもろいのに》

などの声が続出し、おかげで「ジョイマン」は放送当日にツイッタートレンド入りを果たしたのだった。

「今回の件はジョイマン・高木晋哉の耳にも入ったようで、本人自らツイッターで反応していました。そこには《僕達の写真付きで出題されて誰も覚えていなかったらしいです。誰かジョイマンを覚えている人はいませんか》と悲しみのコメントが。ちなみにこのツイートは20万件以上の〝いいね〟を獲得しており、思いがけず大きな注目を集める結果になっていました」(芸能ライター)


哀愁漂う文章が人気なジョイマン・高木のツイッター。以前は、ファンが1人もいないサイン会場の画像が注目を集めたこともある。ブレークから10年以上経ったが、再ブレークする日はいつになるのだろうか。

【画像】

Rachata Teyparsit / Shutterstock

【あわせて読みたい】